お口の中のお悩みなら「まつもと歯科」で根本治療

まつもと歯科医院ブログ

豊中市(岡町)の歯医者・歯科・インプラントなら「まつもと歯科」

日本口腔インプラント学会認定研修会 「大阪府豊中市岡町の歯医者・まつもと歯科」

こんにちは。

まつもと歯科院長 松本卓也です。

少しづつ医院の方は落ち着きを取り戻してまいりました。

大阪や豊中の感染者の数も大分落ち着いておりますし、まだまだ安心は出来ませんが

皆さまも少しづつ平穏な生活を取り戻して下さればと願っております。

 

さて、先日表題の日本口腔インプラント学会認定研修会に参加してまいりました。

国際会議場での受講だったのですが、かなり大きい会場に少人数で、

マスク着用、換気するため窓の開放、手指消毒の徹底で3密でない状況での

講義となりました。

 

今回は歯の移植や歯の神経の保存といった歯科用インプラントと関係ない講義や

歯科用インプラントの咬合、歯科用セラミックスの組成、歯科用インプラントの型取りの仕方、

さらには前歯部の歯科用インプラント症例や歯科再生療法、骨造成法など多岐にわたる

講義がありました。

 

また久しぶりに歯科用インプラント埋入と骨造成の実習も受けて新鮮でした。

何度も受けていますがやはり実習があると楽しいですね。

 

 

 

こういう大変な時期ですが私も歯科医師として今できることを精一杯させて頂こうと
思っております。
では皆さま今日も一日頑張っていきましょう。
歯医者として豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!
これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来る歯医者となるように」
努力したいと思います。
「まつもと歯科」のホームページはこちら:

トップページ


「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:
http://www.matsumoto-ortho.jp/
大阪府豊中市中桜塚2-20-12-103
まつもと歯科

 

 

 

 

 

 


インプラント歯科論文抄読会 「大阪府豊中市岡町の歯医者・まつもと歯科」

こんにちは。

まつもと歯科院長 松本卓也です。

今月も歯科用インプラント論文を抄読しましたので掲載いたします。

 

歯科用インプラントオーバーデンチャーのアタッチメントを違いによる義歯床の変形:クロスオーバー研究
Title :Clinical denture base deformation with different attachments used to stabilize implant overdentures: A crossover study
Author:Moustafa Abdou ELsyad , Fatma Fathe Mahanna , Ahmed Samir Khirallah
Ahmed Ali Habib
Journal:Clin Oral Impl Res. 2020;31:162–172.

 

PURPOSE
歯科用インプラントオーバーデンチャートは変形により歯科用インプラント周囲で破折しやすい。また下顎インプラントオーバーデンチャーのアタッチメントの違いによる変形に関する研究はないため調査を行った。
MATERIALS AND METHODS
下顎無歯顎患者で義歯の安定が不十分な患者24人に対して行われた。
・適応患者
下顎犬歯相当部に十分な骨量、アングルⅠ級、全てのインプラントアタッチメントを装着するのに十分なスペースがある。
・外科および補綴手順
全ての患者にたいして両側性平衡咬合を与えた総義歯を従来通り作製した。その後、3ヶ月装着し神経筋機構の安定を待った。歯科用インプラントは同じ顎顔面口腔外科医にて1回法で埋入された。インプラント埋入用サージカルステントは義歯を複製して作製した。ヒーリングアバットメント装着後、ティシュコンディショナーを使用し義歯を装着した。3ヶ月後次の3つを6つのグループに分けて順に装着した。(a)バーインプラントオーバーデンチャー(BOD)、(b)テレスコープインプラントオーバーデンチャー(TOD)、および(c)ロケーターインプラントオーバーデンチャー(SOD)。(a)BOD、TOD、SOD、(b)BOD、SOD、TOD(c)TOD、SOD、BOD(d)TOD、SOD、BOD(e)SOD、BOD、TOD(f)SOD、TOD、BOD
・義歯の変形の評価
Fig.3の位置にリニアひずみゲージ(KFG‐1–120‐C1‐ 11L1M2R; Resistance 119.6 ± 0.4%; Gauge length: 1 mm; Gauge factor: 2.08 ± 1%, KYOWA electronic instruments, Japan)を接着した。最大の食いしばり、柔らかい食物(ケーキ)および堅い食物(にんじん)を左側でかみしめる際に計測した。それぞれの計測は3ヶ月のインプラント義歯使用後に行われた。

RESULTS
24人の参加者(12人の男性と12人の女性、48歳~68歳)が調査された。
負のひずみ値は圧縮ひずみを示し、正の値は引張ひずみを示す。
BOD(403.7±306.8μɛ)は、TOD(146.9±131.8μɛ)およびSOD(99.8±75.6μɛ)よりも有意に高い総ひずみを示す。 TODとSODに有意差はない。 ch2は、硬い(390.4±381.6μɛ)および柔らかい(223.5±220.2μɛ)食物を噛みしめる際に最高のひずみを記録した。
堅いものの咀嚼時に変形が大きかった。
CONCLUSION
結論:テレスコープアタッチメントとロケーターアタッチメントは、バーアタッチメントと比較して義歯床の変形が少ないため、2本のインプラント下顎オーバーデンチャーに使用することが推奨される。

 

 

こういう大変な時期ですが私も歯科医師として今できることを精一杯させて頂こうと
思っております。
では皆さま今日も一日頑張っていきましょう。
歯医者として豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!
これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来る歯医者となるように」
努力したいと思います。
「まつもと歯科」のホームページはこちら:

トップページ


「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:
http://www.matsumoto-ortho.jp/
大阪府豊中市中桜塚2-20-12-103
まつもと歯科


日本口腔インプラント学会認定研修会 「大阪府豊中市岡町の歯医者・まつもと歯科」

こんにちは。

まつもと歯科院長 松本卓也です。

 

緊急事態宣言の中、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

大阪も少しづつではありますが感染者数が減ってきており、

一時期に比べると落ち着きつつあるのかなという気がいたします。

 

もちろんここで気を緩めてはいけませんので引き続き感染予防には

気を付けて、不要な外出を避けるようにするべきなのかと思います。

皆さま頑張っていきましょう!

 

当院も感染予防のため、換気はもちろん、手指アルコール消毒の徹底、

フェイスガード、ゴーグル、防護服の着用、歯科器具の滅菌の徹底、

次亜塩素酸水の噴霧などいつも以上に様々な対応を行っております。

歯科治療や予防歯科は不要なものではもちろんありませんので

皆さまが安心して来院してもらえる環境を作っております。

 

さて先日日本口腔インプラント学会認定研修会に参加いたしました。

感染予防の観点から今回はウェブ配信にて行われました。

 

 

自宅ではなかなか集中して拝聴できないので歯科医院にて受講いたしました。

歯科用インプラントの認定医取得のための研修なのですが、

歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)の話や、歯髄温存療法、歯内療法など

さまざまな分野の講義が行われます。

今回特に興味深かった内容として「にしだわたる糖尿病内科院長 西田亙」先生の

講義内容を紹介したいと思います。

 

COVID-19はACE2受容体を介して細胞内に入ってくることがわかっています。

これは肺胞上皮細胞に多く存在し、それゆえ重度の肺炎を起こすのではないかと考えられています。

このACE2受容体は唾液腺だけでなく口腔粘膜と舌にもあります。

よってウイルスを舌磨きや歯ブラシ、フロスで除去し口腔内を清潔に保つことが重要である。

またウイルス性肺炎に続発する細菌性肺炎を防止するために、歯周病の治療は必須である。

 

西田先生の見解ではCOVID-19感染症の予防には口腔清掃が重要であるとのことです。

また、口腔機能が低下すると足腰が弱るというデータを出され

歯を失った場合入れ歯よりも歯科用インプラントを埋入して

他の歯を守り、しっかりと噛める状態を維持するべきである。

また歯を失うと顎の骨も弱くなるので

ますます噛めなくなので注意が必要である。

 

 

全然顎の骨の厚みが違うのが分かると思います!

 

歯科医師でなく内科の先生から口腔内の状態を保つことの重要性が伝えられると

専門性が違うのでより説得力がありますね。

特に糖尿病は歯周病と関連性が高いと言われており、いわゆる医科歯科連携が

必要な病気でもあると思います。

 

 

こういう大変な時期ですが私も歯科医師として今できることを精一杯させて頂こうと
思っております。
では皆さま今日も一日頑張っていきましょう。

歯医者として豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!
これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来る歯医者となるように」
努力したいと思います。
「まつもと歯科」のホームページはこちら:

トップページ


「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:
http://www.matsumoto-ortho.jp/
大阪府豊中市中桜塚2-20-12-103
まつもと歯科

 

 


日本口腔インプラント学会認定研修会 「大阪府豊中市岡町の歯医者・まつもと歯科」

こんにちは。

まつもと歯科院長 松本卓也です。

 

4/7に緊急事態宣言が出て、外出を控えておられる方が多いかと思います。

「まつもと歯科」では一医療機関としてスタッフ一同感染対策を十分に行いながら

日々患者様の歯科治療にあたっております。

皆さまのご不便がないよう、当歯科医院としては出来る限りのことをしていければと

思っております。

皆様のご安全をお祈り申し上げます。

 

さて先月ですが日本口腔インプラント学会認定研修会を受講してまいりました。

これから7か月間研修を受け、日本口腔インプラント学会の認定医を取得できるよう

頑張っていこうと思っております。

 

 

こういう大変な時期ですが私も歯科医師として今できることを精一杯させて頂こうと

思っております。

では皆さま今日も一日頑張っていきましょう。

 

 

歯医者として豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!
これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来る歯医者となるように」
努力したいと思います。
「まつもと歯科」のホームページはこちら:

トップページ


「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:
http://www.matsumoto-ortho.jp/
大阪府豊中市中桜塚2-20-12-103
まつもと歯科

 


インプラント歯科論文抄読会 「大阪府豊中市岡町の歯医者・まつもと歯科」

こんにちは。

まつもと歯科院長 松本卓也です。

 

コロナウイルスが毎日ニュースされ、なかなか気持ちがついてこない方も

多いのではないでしょうか?

私自身も色々考えますが、厚生局や歯科医師会からの情報をもとに

出来る限りの対策をとろうと思っております。

皆さまが安心して生活出来る毎日が早く来るように祈っております。

 

先月抄読したインプラント歯科論文を掲載いたします。

 

エムドゲインの補助的使用の有無による上顎前歯部のリッジプリザべーションの比較評価:RCT研究

Title :Comparative assessment of anterior maxillary alveolar ridge preservation with and without adjunctive use of enamel matrix derivative: A randomized clinical trial Author:Jae‐Hong Lee ,Do‐Hyung Kim, Seong‐Nyum Jeong Journal:Clin Oral Impl Res. 2020;31:1–9.

 

PURPOSE
エムドゲインの補助的使用の有無により上顎前歯(中切歯、側切歯)の抜歯後のリッジプリザべーションの比較研究を行い、そのレントゲン的寸法変化、不快症状の有無、軟組織の治癒経過を観察した。
MATERIALS AND METHODS
・調査対象母集団 ウォングァン大学テジョン歯科病院の歯周病科で2017年1月から2017年12月までに、上顎前歯(永久中切歯および側切歯)の抜歯後にリッジプリザべーションを受けた合計32人の参加者が募集された。
・適用基準:(a)≥19歳、(b)残存抜歯窩は頬骨プレートの少なくとも50%を保持、(c)抜歯部位での隣接歯の存在、(d)健康または制御された全身状態(e)適切な口腔衛生と安定した歯周状態(プロービングでの出血<20%およびプラーク指数<20%)。
・除外基準:(a)妊娠中または授乳中の女性、(b)現在の喫煙者(1日に10本以上のタバコ)、(c)骨代謝疾患、(d)未制御または未治療の歯周病、および( e)包括的な指示の欠如、またはインフォームドコンセントを提供できない患者
・各患者はランダムにテスト群とコントロール群に16人ずつに割り振られた。全ての抜歯及びリッジプリザべーションは経験豊富な歯周外科医によって行われた。
・テスト群
抜歯窩にトリミングしたBio‐Oss® Collagen 100 mgと、エムドゲインを充填し、Bio‐Gideでカバーした後、モノフィラメントの縫合糸で縫合した。

・コントロール群
エムドゲインは使用せずそれ以外は同様に行った。2週間後に抜糸し、抜歯後、3ヶ月後、5ヶ月後にCT撮影を行った。

RESULTS
・合計32人の参加者、平均年齢55.1歳(31〜71歳)の男性18人と女性14人で構成された。 テストおよびコントロールグループからの1人ずつ追跡評価中に脱落した。 平均年齢57.2歳(31〜71歳)の男性16人(53.3%)と女性14人(46.7%)で構成される30人の参加者が分析に含まれた。
・X線および臨床分析では、2つのグループ間で水平および垂直の骨寸法変化と軟部組織創傷治癒の結果(自然出血、持続的な腫脹、潰瘍形成を含む)に有意差は示されなかった。 2つのグループ間で痛みと腫れの重症度に有意差はなかったが、痛みの持続時間(df = 1.20、p = .008)と腫れの持続時間(df = 1.06,p = .029)は、テストグループで大幅に減少した。
CONCLUSION
EMDの補助的使用によるリッジプリザべーションにより、上顎前歯の抜歯後の術後の痛みと腫れの期間が短縮された。

 

では皆さまこういう時期ですが頑張っていきましょう!

 

歯医者として豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!
これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来る歯医者となるように」
努力したいと思います。
「まつもと歯科」のホームページはこちら:

トップページ


「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:
http://www.matsumoto-ortho.jp/
大阪府豊中市中桜塚2-20-12-103
まつもと歯科