お口の中のお悩みなら「まつもと歯科」で根本治療

まつもと歯科医院ブログ

豊中市(岡町)の歯医者・歯科・インプラントなら「まつもと歯科」

インプラント歯科論文抄読会 「大阪府豊中市岡町の歯医者・まつもと歯科」

豊中市岡町のまつもと歯科院長 松本卓也です。

今月もインプラントに関する臨床論文を抄読いたしましたので掲載いたします。

 

水平GBR時におけるテントスクリューのプラス効果:CTデータに基づいた後ろ向き研究 Title:The positive effect of tenting screws for primary horizontal guided bone regeneration: A retrospective study based on cone-beam computed tomography data Author:João B. César Neto,Marília C. Cavalcanti,Vitor M. Sapata,Cláudio M. Pannuti,Christoph H. F. Hämmerle,Nadja Naenni, Daniel S. Thoma,Giuseppe A. Romito Journal: Clin Oral Impl Res. 2020;31:846–855

 

PURPOSE

抜歯後に特に頬側や唇側歯槽骨の骨吸収が起こりやすい。これを最小限に抑えるためにリッジプリザべーションが有効なことが知られているが、吸収がなくなるわけではない。歯科用インプラント治療時、起こった骨吸収にはGBRが有効であるが、テントスクリューの使用によって骨造成量にどの程度の差があるかをレントゲン的に評価した。

MATERIALS AND METHODS

2013年から2018年にかけて、ブラジルのサンパウロのソロカバの個人開業医でGBRを行った。歯科用インプラント治療を希望する患者に診断用CBCTを撮影し、GBRが必要な患者に施術6〜8か月後、歯科用インプラント埋入時、骨の変化の評価のため2回目のCBCT撮影を行った。

除外基準:進行性の歯周病、妊娠中または授乳中の女性、喫煙者(> 10本/日)、 骨代謝性疾患患者、過去4年間にビスフォスフォネートの使用、過去5年間に放射線療法または化学療法の病歴のある患者

外科手順: 1人の術者が局所麻酔下ですべての手術を行った。歯槽頂切開、骨欠損から1歯離れた位置に2つの縦切開を行い、全層弁で剥離した。デコルチケーションを行い、骨補填材(DBBM-GeistlichBio-Oss®、Geistlich Pharma AG)と自家骨を混合し充填、コラーゲン膜(GeistlichBio-Gide®、Geistlich)で覆った。テストグループでは、長さ8または10 mm、直径1.5 mm、ヘッド直径3.5 mmのテントスクリュー(TS)(固定スクリュー、Neodent®)を使用した。

統計分析:データが正規分布に従ったため、パラメトリック分析を実施した。

RESULTS

被験者28人、TS、コントロールともに22部位、19~79歳(平均年齢TS 52.77±13.09、コントロール51.95±18.50)

ベースラインでのCBCT評価では両者に有意差はなかった。

フォローアップ後のCBCT評価では歯槽骨幅ではRW7以外の全ての数値で優位差があった。

歯槽骨幅の変化においてはRW1でTSが3.72±2.46mmに対してコントロールが1.25±3.05mm、RW3でTSが3.98±2.53mmに対してコントロールが2.50±2.02mm、全体でTSが3.57±2.38mmに対してコントロールが2.35±1.64mmと有意差があった。

マルチレベル線形回帰分析では、主要な結果(RWchange-1)のすべての変数を比較すると、年齢、性別、上下顎がデータの分散に影響を与えなかったことが示された。

前歯、臼歯の部位を調整したモデルではTSグループの骨増加がコントロールグループよりも平均1.86 mm多いことを示した。

CONCLUSION

テントスクリューの使用はGBR時に有効である

 

こういう大変な時期ですが私も歯科医師として今できることを精一杯させて頂こうと
思っております。
では皆さま今日も一日頑張っていきましょう。
歯医者として豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!
これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来る歯医者となるように」
努力したいと思います。
「まつもと歯科」のホームページはこちら:

トップページ


「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:
http://www.matsumoto-ortho.jp/
大阪府豊中市中桜塚2-20-12-103
まつもと歯科


日本口腔インプラント学会認定研修会 「大阪府豊中市岡町の歯医者・まつもと歯科」

こんにちは。

まつもと歯科院長 松本卓也です。

 

寒くなって参りましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

さて先日表題の日本口腔インプラント学会認定研修会に参加して参りました。

今回が本来であれば最終の研修会になる予定だったのですが、コロナウイルスの影響で

インプラントの研修が一回飛んでしまい、その分が来年行われるようです。

 

この後は2013年の1月にケースプレゼンテーションがあり、それに合格すると

日本口腔インプラント学会専修医に、また論文や学会発表、試験を受けて合格すると

日本口腔インプラント学会専門医になれるとのことです。

 

まだまだ先は長いですが、一つ一つが勉強になるかと思いますので

日々勉強していきたいと思います。

 

歯科診療所を開設すると臨床だけでなく、経営や人事、事務、雑務もそうですし

臨床における勉強、個人的な勉強、歯科雑誌や論文の投稿、

歯科学会や勉強会の準備や発表など日々追われることが多いですが

毎日が充実してありがたい限りです。

 

これからも医院としてはもちろんですが、個人的にもステップアップしていけるよう

日々努力し精進していきたいと考えております。

 

 

 

 

こういう大変な時期ですが私も歯科医師として今できることを精一杯させて頂こうと
思っております。
では皆さま今日も一日頑張っていきましょう。
歯医者として豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!
これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来る歯医者となるように」
努力したいと思います。
「まつもと歯科」のホームページはこちら:

トップページ


「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:
http://www.matsumoto-ortho.jp/
大阪府豊中市中桜塚2-20-12-103
まつもと歯科


日本歯科審美学会・日本接着歯学会合同学術大会 「大阪府豊中市岡町の歯医者・まつもと歯科」

こんにちは。

まつもと歯科院長 松本卓也です。

 

少しずつ寒くなってきましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

さて先日表題の日本歯科審美学会・日本接着歯学会合同学術大会に参加いたしました。

今学会も本来は奈良で開催だったのですが、オンラインによる開催になりました。

 

審美歯科は当然当院が力を入れている分野ではあるのですが

接着歯学も常に試行錯誤し勉強している分野でもあります。

歯科治療で長く良好な結果を得るためには

・歯にフィットする精密な治療を行うこと

・歯と補綴物が良好な接着をしていること

・歯のかみ合わせに問題ないこと

・歯に汚れがつきにくい材質(セラミックなど)で、清掃性が良い形態であること

が重要で、しっかりと歯と補綴物が接着することで隙間から細菌が入らず

銀歯のように中で虫歯になることが防げます。

 

セラミック歯科治療時には防湿用の歯科器具を用い、サンドブラストを歯面とセラミックに処理、

セラミック、歯面両方に接着用の処理を行った上で、セラミック専用の歯科用セメント

をもちいて接着するという歯科治療を行います。

 

接着歯学はこれからの歯科治療において益々重要視されてくると思いますし

接着歯学の分野は日本は世界的に評価されておりますので

皆様ご安心して歯科治療をうけていただきたいと思います。

 

 

 

 

こういう大変な時期ですが私も歯科医師として今できることを精一杯させて頂こうと
思っております。
では皆さま今日も一日頑張っていきましょう。
歯医者として豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!
これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来る歯医者となるように」
努力したいと思います。
「まつもと歯科」のホームページはこちら:

トップページ


「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:
http://www.matsumoto-ortho.jp/
大阪府豊中市中桜塚2-20-12-103
まつもと歯科


口腔インプラント専門医臨床技術向上講習会 「大阪府豊中市岡町の歯医者・まつもと歯科」

こんにちは。

まつもと歯科院長 松本卓也です。

 

コロナ対策も色々な施策を試しつつ少しずつ医院の方も落ち着いてきたかと思います。

まだまだ元通りにはほど遠いですが、出来ることを日々頑張っていこうと思います。

 

皆様も少しずつ日常を取り戻しつつありますでしょうか?

良い悪いは別として、岡町の商店街を歩いているとすこしずつ人が戻ってきている

気がしますし、豊中近辺を歩いていても一時期よりは皆様落ち着いておられる

気がします。

 

さて先日表題の口腔インプラント専門医臨床技術向上講習会を受講しました。

最近はほとんどオンラインの講議になりまして、歯科医院や自宅で受けれるのが

すごく楽になりました。

 

今までは豊中で受けれるものはなく東京や全国色々なところに行かないといけなかったので、

そういう意味ではすごくありがたいです。

 

歯科用インプラントに関しては歯科用論文の文献抄読会にも参加しているので

色々情報は入って参りますが、臨床研究が盛んな分野ですので、

いつも面白い話が入ってきてすごく興味深いです。

 

 

学生の時はそうでもなかったですが勉強はいくつになっても楽しいですね。

 

こういう大変な時期ですが私も歯科医師として今できることを精一杯させて頂こうと
思っております。
では皆さま今日も一日頑張っていきましょう。
歯医者として豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!
これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来る歯医者となるように」
努力したいと思います。
「まつもと歯科」のホームページはこちら:

トップページ


「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:
http://www.matsumoto-ortho.jp/
大阪府豊中市中桜塚2-20-12-103
まつもと歯科

 

 


インプラント歯科論文抄読会 「大阪府豊中市岡町の歯医者・まつもと歯科」

こんにちは。

今月も私が抄読しましたインプラント歯科論文を掲載いたします。

 

臼歯部インプラント埋入時の頬側の小さな骨の裂開の治療有無の違いにおける長期間の臨床および X 線結果:
RCT 研究
Title :Long-term clinical and radiographic results after treatment or no treatment of small buccal
bone dehiscences at posterior dental implants: A randomized, controlled clinical trial
Author:Tobias Waller,Milan Herzog, Daniel S. Thoma,Jürg Hüsler ,Christoph H.
F. Hämmerle,Ronald E. Jung
Journal:Clin Oral Impl Res. 2020;31:517–525.

 

PURPOSE
インプラント埋入時に頬側に小さい裂開がある場合、GBRで治療することで良好な
結果が得られることは一般的に知られているが、治療を行わなくても短期的な生存率
は変わらないという文献も存在する。本研究では 5mm 以下の裂開が、7.5 年後に GBR
で治療された裂開とそのまま埋入する場合で、臨床的および放射線学的結果をもたらすか調べた。
MATERIALS AND METHODS
・本研究は単一施設で行われる前向きRCT研究である。インプラント治療が必要で
あり、頬側に垂直骨裂開(≤5mm)がある22人の健康な患者が選ばれた。
・インプラント埋入は delayed (抜歯後 6weeks—6 month)か late (抜歯後 6 months 以
降)で行った。インプラントは臼歯部に、Camlog システムのプロトコールに従って
埋入した。 CAMLOG®SCREW-LINE インプラント(Camlog Biotechnologies AG)が使用された。
・臨床評価およびX線評価は補綴装着後3,6,12,18 カ月後と 7.5 年に行った。
・臨床評価はインプラントと補綴の生存率、PD、BOP、PIを行った。
・X線評価はCBCTを用いて頬側裂開を評価した。
1.頬の垂直方向の欠損の深さ(A)は、インプラントショルダーから骨とインプラン
トの接触位置まで測定し、骨縁下欠損の深さ(B)は、頬側の骨頂から骨とインプラ
ントの接触位置までを測定した。
2.水平方向の骨の厚さ:頬側骨の厚さは、インプラントショルダーから 1 mm、2 mm、3 mm の位置で測定した。
・インプラント辺縁骨レベルをデンタルX線にて評価した。
RESULTS
20 人の患者が 7.5 年リコールを受けた。インプラント/補綴の生存率は両グループ
で 100%。両グループでインプラント周囲組織に炎症の兆候はごくわずかであった。
7.5年後の頬側の垂直的な裂開の深さの変化の中央値は、GBR グループで 1.61
mm、SH グループで 0.62mm で、グループ間に有意差なし。頬側骨の厚みや垂直的な
裂開の深さには有意差があった。 また、各時期で辺縁骨レベルに優位差なく、7.5
年でも辺縁骨レベルの中央値(GBR:0.53; SH:0.68)はグループ間で有意差は
なかった。
CONCLUSION

小さい頬側骨裂開を伴うインプラントは、7.5 年で高いインプラント生存率と健全な
インプラント周囲組織を示した。GBR グループでは、頬側の垂直骨レベルは SH グ
ループと比較して高かったが、両治療とも全期間にわたって安定していた。

 

 

こういう大変な時期ですが私も歯科医師として今できることを精一杯させて頂こうと
思っております。
では皆さま今日も一日頑張っていきましょう。
歯医者として豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!
これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来る歯医者となるように」
努力したいと思います。
「まつもと歯科」のホームページはこちら:

トップページ


「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:
http://www.matsumoto-ortho.jp/
大阪府豊中市中桜塚2-20-12-103
まつもと歯科

 


12345...