お口の中のお悩みなら「まつもと歯科」で根本治療

まつもと歯科医院ブログ

豊中市(岡町)の歯医者・歯科・インプラントなら「まつもと歯科」

インプラント歯科論文抄読会 「大阪府豊中市岡町の歯医者・歯科審美学会認定医・まつもと歯科」

こんにちは。

まつもと歯科院長 松本卓也です。

今月も新しいインプラント歯科論文を抄読いたしましたので掲載いたします。

 

2本または4本の歯科用インプラントによる上顎インプラントオーバーデンチャー。 歯科用インプラントと義歯の成功と生存率に関する前向き無作為化クロスオーバー臨床試験

Title:Maxillary implant overdentures on two or four implants. A prospective randomized cross- over clinical trial of implant and denture success and survival

Author:Stefanie Kappel、 Anna- Luisa Klotz、 Lydia Eberhard、Justo Lorenzo Bermejo、Peter Rammelsberg、Nikolaos Nikitas Giannakopoulos

Journal:Clin Oral Impl Res. 2021;32:1061–1071

 

PURPOSE

無歯顎における2〜4本のインプラント支持Locator®アタッチメントの義歯はシンプルで取り扱いが簡単だが、2本および4本のインプラントオーバーデンチャーと比較した場合のデータはまだない。この試験の目的は、下顎2本のインプラントオーバーデンチャーである参加者において、無歯顎のインプラント支持オーバーデンチャーで、非同期で負荷した4つのインプラントの生存と成功率を研究した。また、オーバーデンチャーの成功率と、インプラントの数と位置に関する患者の好みを研究した。

MATERIALS AND METHODS

・選択基準 50〜95歳、下顎に2本のインプラント支持オーバーデンチャー(アタッチメントまたはDolder®バー)、上顎総義歯

・除外基準 薬物またはアルコールの乱用、垂直または水平の骨量不足、骨質がよくない患者、喫煙者と糖尿病患者は除外しない

・補綴前処置 上顎は両側性平衡咬合、中心位にて総義歯を作製、下顎は2本のロケーターアタッチメントを使用した義歯を作製。

・外科処置 義歯を複製しサージカルガイドを作製。GBRは行わず、必要があれば垂直的にはソケットリフトを、水平的にはスプリットクレストを行った。各患者はSLAStraumannRoxolid®インプラント、長さ10mm、直径3.3または4.1 mmを患者の骨幅に合わせて選択し、犬歯および臼歯部に埋入した。

・外科後の補綴処置 6-9ヶ月の待機後、患者を2つのグループにランダムに分け、1つは犬歯部にのみロケーターを装着し3ヶ月使用、次に臼歯部のみロケーターを装着し3ヶ月使用、その後4つ全てにロケータ-を装着し使用してもらい、それぞれの使用感を尋ねた。もう一つのグループは臼歯から犬歯部、両方という順で行った。

・フォローアップ検査 1年毎に行われた。インプラントの成功は、臨床的安定性と動揺、機能、軽いパーカッションでの打診痛、プロービング、および放射線透過性によって定義した。

RESULTS

・18人の男性(75%)と6人の女性(25%)が研究に含まれた。 平均年齢は68.3歳(最小:52.0、最大:83.1歳、SD :±7.0歳)。 4人の患者が2型糖尿病を患っており、 7人の患者は喫煙者。

・研究中、3人の男性の犬歯部のインプラントがそれぞれ1年、1.4年、1.9年でロストした。うち2人がヘビースモーカー(1日20本以上)でもう一人は2型糖尿病。リコール中に一人の男性(1日5本未満の喫煙者)が2本の犬歯部のインプラントがロストした(1.6年と3.5年)。さらにもう一人の患者は3.1年でロスト(喫煙及び糖尿病はなし)。負荷後のインプラントの生存率は、平均3.1年の観察期間後93.8%(最小:1.0、最大:5.3年、SD:±1。0年)

・リコール中に3人の患者の1本のインプラントに周囲炎が認められた。よって成功率は90.6%であった。

・2.2年のリコール期間(最小:1.0、最大:4.2年、SD:0.9年)の間に、11人の患者で合計27個の上顎補綴合併症が発生した。フレームワークの破折を除くと軽微な修理であった。残り13人は問題なかった。

・アタッチメントはどちらか一方であれば9人が犬歯部のロケーター、3人が臼歯部のロケーターを、9人がどちらも変わらないと答えた。24人中23人は4本のロケーターが良いと答えた。

・24人の患者は全員が上顎のロケーター治療を推奨すると答えた。

CONCLUSION

下顎に比べ上顎のインプラントの生存および成功率は低かった。ロケーターは4本が好まれた。

 

 

 

今後も豊中市の皆様の歯や口腔内の健康維持に寄与出来ればと思います。

 

こういう大変な時期ですが私も歯科医師として今できることを精一杯させて頂こうと
思っております。
では皆さま今日も一日頑張っていきましょう。
歯医者として豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!
これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来る歯医者となるように」
努力したいと思います。

「まつもと歯科」のホームページはこちら:

http://www.matsumoto-dentalclinic.jp/

 

「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:

http://www.matsumoto-ortho.jp/


ホワイトニングの院内研修を行いました 「大阪府豊中市岡町の歯医者・歯科審美学会認定医・まつもと歯科」

こんにちは。

まつもと歯科院長 松本卓也です。

 

大分寒くなってまいりましたね。

寒暖の差が激しく体調を崩しやすい季節かと思いますが皆様体調は問題ございませんでしょうか?

 

さて先日ホワイトニングの院内研修を診療時間を休んで行いました。

歯のホワイトニングは様々な薬剤や、照射器、適応症などがあり

患者さんによって歯の白くなり方も様々です。

 

そのあたりの患者さん一人一人にあった説明が求められるかと思いますので

日々知識のアップデートが必要になります。

 

私が審美歯科学会の認定医であることもありますが

当院でも歯のホワイトニングには力を入れており、

歯が白くなるだけで笑顔や表情が華やかになることを良く経験いたします。

 

新しい一年を迎えるにあたり、綺麗な白い歯にしていきましょう!!

 

 

今後も豊中市の皆様の歯や口腔内の健康維持に寄与出来ればと思います。

 

こういう大変な時期ですが私も歯科医師として今できることを精一杯させて頂こうと
思っております。
では皆さま今日も一日頑張っていきましょう。
歯医者として豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!
これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来る歯医者となるように」
努力したいと思います。

「まつもと歯科」のホームページはこちら:

http://www.matsumoto-dentalclinic.jp/

 

「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:

http://www.matsumoto-ortho.jp/


マイクロスコープアドバンスコース受講(歯周病について) 「大阪府豊中市岡町の歯医者・歯科審美学会認定医・まつもと歯科」

こんにちは。

まつもと歯科院長 松本卓也です。

 

もうすぐ外食も普通に出来るようになりそうですね。

あまり沢山で集まるのはまだまだ怖いですが、ここのところ会えてなかった歯科医師の先生とお食事を少しずつでも出来たらなあと思っております。

 

さて先日表題のマイクロスコープアドバンスコース受講(歯周病について)をいたしました。

今回は歯周病治療に関して日本で一番有名と言って過言ではないJIADSという歯科会の

理事長である瀧野裕行先生の講義でした。

 

歯周病治療に関しての幅広い講義だったのですが、

当院でも積極的に行っている歯周組織の再生歯科療法や

下がってしまった歯ぐきにたいする歯ぐきの移植歯科手術の注意点など

とても興味深い内容が多かったです。

 

 

オンラインでの歯科研修に慣れてしまい、最近は現地で参加というのが大分減ってしまいました。

ただ対面の良さは間違いなくありますし、今後はそういう歯科研修にも徐々に参加していきたいと思っております。

 

今後も豊中市の皆様の歯や口腔内の健康維持に寄与出来ればと思います。

 

こういう大変な時期ですが私も歯科医師として今できることを精一杯させて頂こうと
思っております。
では皆さま今日も一日頑張っていきましょう。
歯医者として豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!
これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来る歯医者となるように」
努力したいと思います。

「まつもと歯科」のホームページはこちら:

http://www.matsumoto-dentalclinic.jp/

 

「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:

http://www.matsumoto-ortho.jp/


ICEED歯科臨床コース受講(ダイレクトボンディング) 「大阪府豊中市岡町の歯医者・歯科審美学会認定医・まつもと歯科」

こんにちは。

まつもと歯科院長 松本卓也です。

 

コロナウイルスの方も少しずつ落ち着いてきましたね。

このまま日常が戻ってくれればと期待しております。

 

さて先日またオンラインにてICEED歯科臨床コース受講(ダイレクトボンディング)を受講いたしました。

ダイレクトボンディングは歯の削除量を極力少なく虫歯だけとって

その部分に強度のある樹脂を詰める方法で

「虫歯でもできるだけ歯を削りたくない!」

という方にお勧めです!

 

大きな虫歯には適応出来ませんが、見た目も良く

歯を長く持たせたい方にはお勧めの治療法になります。

 

当院では治療費が1歯33000円~になります。

 

ご興味がある方は是非ご相談下さい!!

 

 

 

今後も豊中市の皆様の歯や口腔内の健康維持に寄与出来ればと思います。

 

こういう大変な時期ですが私も歯科医師として今できることを精一杯させて頂こうと
思っております。
では皆さま今日も一日頑張っていきましょう。
歯医者として豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!
これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来る歯医者となるように」
努力したいと思います。

「まつもと歯科」のホームページはこちら:

http://www.matsumoto-dentalclinic.jp/

 

「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:

http://www.matsumoto-ortho.jp/


インプラント歯科論文抄読会 「大阪府豊中市岡町の歯医者・歯科審美学会認定医・まつもと歯科」

こんにちは。

まつもと歯科院長 松本卓也です。

今月も新しいインプラント歯科論文を抄読いたしましたので掲載いたします。

 

骨縁下埋入時のインプラント周囲疾患の有病率:横断研究

Title:The prevalence of peri- implant diseases around subcrestally placed implants: A cross- sectional study

AuthorKarina Obreja ,Ausra Ramanauskaite, Amira Begic, Maria Elisa GalarragaVinueza, Puria Parvini, Robert Sader, Frank Schwarz

Journal: Clin Oral Impl Res. 2021;32:702–710.

 

PURPOSE

骨縁下埋入が歯科用インプラント周囲組織に与える影響に関する証拠はほとんどない。本研究では骨縁下埋入の歯科用インプラント周囲疾患の有病率を評価することを目的とした。インプラント周囲粘膜炎、またはインプラント周囲炎の有病率を、短期、中期、および長期で評価した。

MATERIALS AND METHODS

・ゲーテ大学口腔外科およびインプラント学部の定期的なメンテナンス患者で、2ピースのプラットフォームスイッチの歯科用インプラント(Ankylos®、デンツプライシロナ)を有する202人の部分または完全無歯顎の患者をスクリーニングした。歯科用インプラントは外科プロトコル(骨縁下1〜3 mm)に従って埋入された。

・適応基準  18歳以上、少なくとも1本のAnkylos®インプラントが埋入されている、毎年の定期的なインプラントメンテナンス

・除外基準 制御されていない全身性疾患(糖尿病(HbA1c> 7)、 骨粗鬆症)、歯科用インプラント埋入前10年間に骨代謝と粘膜治癒に影響を与える可能性のある薬剤(ステロイド、吸収抑制療法など)を摂取、妊娠中または授乳中の女性

・プラークインデックス(PI)、プロービング時の出血(BOP)、プロービング深度(PD)、歯肉退縮(MR)、排膿(SUPP)を6点で測定。角化歯肉(KM)のみ頬側3点。炎症所見がある場合はPA撮影を行い、骨吸収は歯科補綴装着時から1mmを閾値とした。

・定義 

1.インプラント周囲の組織の健康状態は、

BOP / SUPPなどの炎症の臨床的兆候がない、以前の検査と比較してPDが増加していない、および負荷初期の骨吸収を超える骨量減少がない

2.インプラント周囲粘膜炎は、以前の検査と比較してPDの増加の有無にかかわらず、BOPおよび/またはSUPPの存在、および負荷初期の骨吸収を超える骨量減少がない

  1. インプラント周囲炎はBOPおよび/またはSUPPの存在、以前の検査と比較してPDの増加、およびベースラインと比較した骨吸収あり

RESULTS

200人(女性118人および男性82人)の患者、657本の歯科用インプラントが評価された。患者の平均年齢は62.68±14.31歳(中央値:64.37;範囲:18.96 94.42歳)。

患者の56%は歯周炎の病歴があり、喫煙者は患者グループの少数(7%)歯科用インプラントの平均機能時間は9.36±6.44年(126年)、歯科用インプラントの69%は60か月以上機能。最も頻度歯科用歯科用インプラントの直径と長さは、3.5 mm62%)と11 mm62%)。ほと歯科用歯科用インプラントは臼歯部、上顎(70%)下顎(76%)、GBRなし(54%)、固定式補綴(75%)

・患者レ歯科用歯科用インプラントレベルの両方で、PIスコアとBOPスコアの中央値は0.33と0.33、25%と16.60%。患者レベルで平均PDは2.81mm、インプラントレベルで2.83mm。平均X線写真の辺縁骨量減少は、患者レベルで0.7±1.52 mm、歯科用インプラントレベルで0.44±1.18mm。平均MRは、患者レベルで0.14 歯科用歯科用インプラントレベルでそれぞれ0.16mm SU歯科用歯科用インプラントの4%。 患者の18.歯科用歯科用インプラント周囲組織の健康状態を示したのに対し、患者の大多数(81.5%)はインプラント周囲疾患と診断された。患者の66.5%がインプラント粘膜炎、残りの15%はインプラント周囲炎と診断さ歯科用歯科用インプラントレベルでは29.9%(健康なインプラント周囲の状態)、62.6%(インプラント周囲粘膜炎)、および7.5%(インプラント周囲の歯科用歯科用インプラントのBOPスコアの割合は17%から33%の範囲で、インプラント周囲炎部位ではより高い(33-100%)。健康なインプラント部位およびインプラント周囲粘膜炎を示す部位は、PD13 mmが多く、インプラント周囲炎と診断歯科用歯科用インプラントの大部分(55%)は46mmPD値を示した。 6 mmを超えるPD値は、インプラント周囲炎と診断歯科用歯科用インプラントの1つでのみ認められた。

CONCLUSION

歯科用インプラントを骨縁下埋入した場合、インプラント周囲疾患が高頻度で認められる。

 

 

 

今後も豊中市の皆様の歯や口腔内の健康維持に寄与出来ればと思います。

 

こういう大変な時期ですが私も歯科医師として今できることを精一杯させて頂こうと
思っております。
では皆さま今日も一日頑張っていきましょう。
歯医者として豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!
これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来る歯医者となるように」
努力したいと思います。

「まつもと歯科」のホームページはこちら:

http://www.matsumoto-dentalclinic.jp/

 

「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:

http://www.matsumoto-ortho.jp/


12345...10...