インプラント歯科論文抄読会 「大阪府豊中市岡町の歯医者・歯科審美学会認定医・まつもと歯科」-豊中市(岡町)の歯医者・歯科・インプラントなら「まつもと歯科」

まつもと歯科医院ブログ

豊中市(岡町)の歯医者・歯科・インプラントなら「まつもと歯科」

インプラント歯科論文抄読会 「大阪府豊中市岡町の歯医者・歯科審美学会認定医・まつもと歯科」

こんにちは。

まつもと歯科院長 松本卓也です。

今月も新しいインプラント歯科論文を抄読いたしましたので掲載いたします。

 

上顎審美領域における頬舌側インプラントの位置と軟組織レベルへの影響

Title:Bucco-palatal implant position and its impact on soft tissue level in the maxillary esthetic zone

Author:Rudolf Fürhauser, Lukas Fürhauser ,Nikolaus Fürhauser ,Veronika Pohl,Bernhard Pommer, Robert Haas

Journal:Clin Oral Impl Res. 2022;33:1125–1134.

 

PURPOSE

「buccal implant position」という用語は一般的に使用されているが、正確な定義がなく、基準点がない。 この研究の目的は、インプラント周囲炎および審美的失敗に対する主要な影響を考慮し、新しく定義されたエマージェンスポイントを使用して、頬舌的なインプラントのポジショニングと軟組織レベルとの相関関係を見つけることである。

MATERIALS AND METHODS

上顎中切歯または側切歯に片側単冠インプラントを対象とする。

・選択基準

最終的な補綴修復物は経過1年以上である、補綴及び歯肉のデジタル データが利用可能である、 骨移植の有無、埋入時期は様々である。

・歯肉のフェノタイプ

経験豊富な補綴専門医によって、ポケットへの歯周プローブの可視性によって評価された (De Rouck et al.2009)。 収集されたデジタル データ(Trios、3 Shape、コペンハーゲン、デンマーク)は、ラボ スキャナー (D900L、3Shape A/S、コペンハーゲン、デンマーク) を使用して作成されたマスター キャストのスキャンに重ね合わされ、スキャン ボディを使用してインプラントの位置が表示された。 インプラント クラウンが完全なデジタル ワークフローで製造された場合、元のデータ セットは患者の最近のスキャンに重ね合わす。 両方の重ね合わせは、プログラムである 3Shape Implant Studio (3Shape A/S、コペンハーゲン、デンマーク) で実行された。

RESULTS

患者は39人の女性(53%)と34人の男性 (47%)年齢は20~83歳(40±19 歳)。中切歯50例(68.5%)、側切歯23例(31.5%)。インプラント埋入からの期間は12 ~ 78か月(平均25.6±14.0ヶ月)。インプラント埋入時期は抜歯即時埋入34例(46.6%)、遅延埋入39例(53.4%) 。26例にGBR(35.6%)。 18例がThin tpe (24.7%)、31例が中間 (42.5%)、24例がThick type(32.2%) として分類された。24例で、元のデジタル データがスキャン オーバーレイに使用された。49例でマスターキャストが使用された。インプラント周囲の軟部組織の根尖への変位(AD)は0~3.5 mm(0.87±1.64)の範囲で、17本のインプラント修復物で>2 mmである。SIPは 0.2~5.1 mm (2.66±1.64) で、VIPの範囲は0~4.8 mm (2.54± 1.02)。BIAと咬合面(BIA-OP)の角度は、34°から84°(60.02°±9.34) の間であった。BIAは、21例 (62%) で EIDEAL ポイントより唇側を横切り、AD >2 mm はこれにすべて含まれた。ADが0の16 例すべてで、BIA は EIDEAL-p o i n t より口蓋側であった。統計分析では、AD と SIP の間に有意な逆相関が示された (ρ= -.55、p < .001)患者の年齢はADと有意な相関を示した(ρ= .26, p = .029)。インプラント埋入からの経過時間、VIP、およびインプラント傾斜 IA-OP は、AD と有意な相関を示さなかった。 さらに、インプラント埋入の時期(即時対遅延)、GBR、およびフェノタイプは、中切歯と側切歯にADに有意な影響がない。SIPは、水平距離が2 mm未満と2 mmを超える 2 つのグループに分けられた (それぞれ 29 本と 44 本のインプラント)。SIP > 2.0 mm のグループでは、有意にAD が少なかった(p < .001) (図 12)。

CONCLUSION

インプラントが口蓋側に配置されるほど、AD は少ない傾向であった。 インプラント ショルダーの位置は、理想的な E ポイントよりも 2 mm 以上口蓋側に計画する必要がある。 この E ポイントは、将来の計画のための理想的な歯冠の長さを定義するため、インプラント治療計画に有用である。

 

口蓋側よりにインプラントを埋入した方が審美的な補綴物が作りやすいという論文です。

 

今後も豊中市の皆様の歯や口腔内の健康維持に寄与出来ればと思います。

 

こういう大変な時期ですが私も歯科医師として今できることを精一杯させて頂こうと
思っております。
では皆さま今日も一日頑張っていきましょう。
歯医者として豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!
これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来る歯医者となるように」
努力したいと思います。

「まつもと歯科」のホームページはこちら:

http://www.matsumoto-dentalclinic.jp/

 

「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:

http://www.matsumoto-ortho.jp/

 


日本口腔インプラント学会 ケースプレゼンテーション試験 「大阪府豊中市岡町の歯医者・歯科審美学会認定医・まつもと歯科」

皆様遅くなりましたが明けましておめでとうございます。
豊中市岡町中桜塚の歯医者「まつもと歯科」院長 松本卓也です。

私は年末年始とドタバタしており、やっと落ち着いてまいりました。

皆様は良い年末年始になりましたでしょうか?

 

さて今年になって最初の歯科講習会を受講するために、診療後に歯科医院のある豊中岡町から伊丹空港、東京へと行ってまいりました。

表題の日本口腔インプラント学会の講習会なのですが、今年の目標の一つである専修医修得に向けて頑張っております。

今年も1年、頑張って勉強していきたいと思いますし、それを歯科臨床に活かせるよう日々精進していきたいと思います。

また代診の嶋谷先生も今年は日本歯科保存学会と日本歯周病学会の認定医試験の年になりますので、互いに頑張っていきたいと思います。

 

 

今後も豊中市の皆様の歯や口腔内の健康維持に寄与出来ればと思います。

 

こういう大変な時期ですが私も歯科医師として今できることを精一杯させて頂こうと
思っております。
では皆さま今日も一日頑張っていきましょう。
歯医者として豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!
これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来る歯医者となるように」
努力したいと思います。

「まつもと歯科」のホームページはこちら:

http://www.matsumoto-dentalclinic.jp/

 

「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:

http://www.matsumoto-ortho.jp/


皆様一年間ありがとうございました! 「大阪府豊中市岡町の歯医者・歯科審美学会認定医・まつもと歯科」

皆様こんにちは。
豊中市岡町中桜塚の歯医者「まつもと歯科」院長 松本卓也です。

 

本年も一年ありがとうございました。

30歳で開業してから今年で43歳になったので、来年は開業15年目に入る一年になります。

ここまでやってこれたのは患者さんや支えてくれるスタッフのおかげと大変感謝しております。

 

しんどいことも多い仕事ですが、やりがいや感謝していただくことも多くございますので

今後も1年1年頑張って参りたいと思っております。

 

では皆様良いお年をお迎え下さい!!!

 

 

今後も豊中市の皆様の歯や口腔内の健康維持に寄与出来ればと思います。

 

こういう大変な時期ですが私も歯科医師として今できることを精一杯させて頂こうと
思っております。
では皆さま今日も一日頑張っていきましょう。
歯医者として豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!
これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来る歯医者となるように」
努力したいと思います。

「まつもと歯科」のホームページはこちら:

http://www.matsumoto-dentalclinic.jp/

 

「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:

http://www.matsumoto-ortho.jp/


大阪インプラント研究会アドバンストセミナー受講 「大阪府豊中市岡町の歯医者・歯科審美学会認定医・まつもと歯科」

皆様こんにちは。
豊中市岡町中桜塚の歯医者「まつもと歯科」院長 松本卓也です。

 

豊中も昨日、今日とだいぶ寒いですね。

体調を崩されている方も患者さまでもいらっしゃるので、ご自愛下さいね。

 

さて先日、大阪インプラント研究会アドバンストセミナーに参加してまいりました。

来年1月に日本口腔インプラント学会の専修医試験のためのケースプレゼンテーション試験があり、その試験のためのセミナーとなります。

もちろんインプラントの専修医だから専門医だからすごいわけではございませんが、常にしっかり勉強すること、技術を学ぶこと、良い器具を導入することは皆様の安心や安全に歯科治療をうけていただくために必須事項と考えておりますので、毎年目標を持って頑張っていきたいと思っております!

来年は日本口腔インプラント学会の専修医に無事合格出来るよう頑張っていきたいと思っております。

 

今後も豊中市の皆様の歯や口腔内の健康維持に寄与出来ればと思います。

 

こういう大変な時期ですが私も歯科医師として今できることを精一杯させて頂こうと
思っております。
では皆さま今日も一日頑張っていきましょう。
歯医者として豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!
これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来る歯医者となるように」
努力したいと思います。

「まつもと歯科」のホームページはこちら:

http://www.matsumoto-dentalclinic.jp/

 

「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:

http://www.matsumoto-ortho.jp/


CLUGP 定例会 歯周病再生治療薬リグロスの臨床応用について 「大阪府豊中市岡町の歯医者・歯科審美学会認定医・まつもと歯科」

皆様こんにちは。
豊中市岡町中桜塚の歯医者「まつもと歯科」院長 松本卓也です。

 

豊中も朝晩は大分寒いですね。

今日は雨ですし少しずつ冬らしくなってまいりましたね。

 

さて先日、私が理事を務めますCLUGPの 定例会 「歯周病再生治療薬リグロスの臨床応用について」に参加してまいりました。

 

歯周病治療薬であるリグロスは大阪大学歯周病科の教授である村上伸也先生が中心となって開発されたお薬です。

今回その村上先生をお招きし、講演をしていただきました。

リグロスが開発される前は、歯周病の再生療法ではエムドゲインという薬を使用することが多かったのですが、あまり歯槽骨の回復が良くないという話は良く聞きました。

しかし、リグロスが開発され、臨床応用されるようになってからは、すごく効果的に歯周病で減った歯槽骨が回復するという評判を聞くようになりました。

もちろん適応症はございますので、歯周病が何でも治るわけではございません。

ただ昔と違い症例を選べば歯周組織は回復するというのは、僕自身の臨床実感としてもございます。

今回はリグロス単体ではなく、骨補填材との併用についても言及され、そのあたりもかなり良いデータが取れてきているとのことでした。

 

歯周病についてお悩みの方は是非ご相談下さい!

 

 

 

 

今後も豊中市の皆様の歯や口腔内の健康維持に寄与出来ればと思います。

 

こういう大変な時期ですが私も歯科医師として今できることを精一杯させて頂こうと
思っております。
では皆さま今日も一日頑張っていきましょう。
歯医者として豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!
これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来る歯医者となるように」
努力したいと思います。

「まつもと歯科」のホームページはこちら:

http://www.matsumoto-dentalclinic.jp/

 

「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:

http://www.matsumoto-ortho.jp/