歯科用インプラントに関する論文抄読会 「大阪府豊中市岡町の歯医者・日本口腔インプラント学会専修医・歯科審美学会認定医・まつもと歯科」-豊中市の歯医者・歯科・インプラントなら「まつもと歯科」|岡町駅徒歩5分

まつもと歯科医院ブログ

豊中市(岡町)の歯医者・歯科・インプラントなら「まつもと歯科」

歯科用インプラントに関する論文抄読会 「大阪府豊中市岡町の歯医者・日本口腔インプラント学会専修医・歯科審美学会認定医・まつもと歯科」

こんにちは。

まつもと歯科院長 松本卓也です。

今月も新しい歯科用インプラントに関する論文を抄読いたしましたので掲載いたします。

 

スクリュー固定インプラント補綴物におけるインプラントとアバットメントの接続様式の違いによる臨床結果の比較: 5 年間のランダム化比較試験 

TitleClinical outcomes of implant- versus abutment-level connection in screw-retained fixed dental prostheses: A 5-year randomized controlled trial 

AuthorMarco Toia, Andrea Parpaiola, Nicole Stevanello, Mustafa Tattan,Muhammad H. A. Saleh, Andrea Ravidà 

JournalClin Oral Impl Res. 2024;35:230–241. 

 

PURPOSE 

本研究の目的は、スクリュー固定インプラント補綴物を支持するインターナルコニカルコネクションICC)を備えたインプラントのインプラントレベル接続(IL)とアバットメントレベル接続(AL)に関連する5 年間の臨床結果を評価することである。 

MATERIALS AND METHODSRESULTS 

・適応基準:18 歳以上、治療内容を遵守出来る、コントロールされている糖尿病、高血圧がない、口全体のプラークスコア ≤ 25%インプラント治療が必要な無歯部位が 2 つ以上ある。 

除外基準: 無歯顎大きなGBRが必要な症例腫瘍切除に関連した骨欠損、喫煙 (1 日あたり 10 本以上進行性の腎疾患および肝臓疾患、頭頸部領域での放射線療法の既往、化学療法、粘膜疾患(口腔扁平苔癬、表皮剥離治療方針に従わない患者、 臨床医が外科的治療に不適当と判断した患者 

119 本のインプラントを埋入した 50 人の患者が、AL 群または IL 群のいずれかに無作為に割り当てられた。 X線写真(辺縁骨量)と臨床症状(プロービング時の出血、プロービングポケットの深さ、プラークの蓄積、インプラント周囲炎およびインプラント周囲粘膜炎の発生率、補綴物の合併症)が1235 年で収集線形混合モデルを使用して、グループ間の差異を評価した。 

RESULTS 

下顎に66本、上顎に53本の計119本のインプラントが埋入。 ALグループは、61 本のインプラント、平均年齢 65±13.9 歳の患者 25 名(男性 13 名、喫煙者 1 名)。1mmのアバットメントが21症例 、2mmのアバットメント33症例、3mm のアバットメント7症例。 ILグループは58本のインプラント、平均年齢は57.3±9.9歳の患者25名(男性8人、喫煙者3人) 

インプラントの生存率は両グループとも 100% で、すべての患者がメンテナンスに来院。 各グループに 1 人の脱落者。 AL グループは 24名の被験者と59本のインプラントで構成され、IL グループは24人の被験者と56本のインプラントで構成。 

治療から 5 年後、MBL の変化はどの時点でもグループ間で有意差なし。MBLは 0.23±0.64 mm (AL) および0.23±0.29mm (IL) 。プロービング時の出血は 44% (AL) と 45% (IL) (p = .89)。 平均プロービング深さは 2.91 ± 1.01 mm (AL) および 3.51 ± 0.67 mm (IL) であった。 この違いは統計的に有意だが、臨床的には有意差なし。 プラークの存在は、AL グループ (26.3%) と比較して IL グループ (34.4%) でわずかに高かった(p= .06)。 

全体的な技工的、生物学的、および補綴物の合併症の発生率は、両グループ間で同様であった。 追跡期間全体を通じて、インプラント周囲炎を発症したインプラントはない。 

CONCLUSION 

このランダム化比較試験の結果において、健康で部分欠損を有する患者で辺縁骨の吸収量に差がないことを示唆した 

IL 接続グループと AL 接続グループのインプラント間の骨レベルの変化、他のすべての臨床パラメーターは臨床的に同等であった IL 接続では、著しく大きな PD が示された。 ただし、両グループのPD値が健康の正常範囲内である。本研究内でAL 接続の使用が IL 接続と同等であることを示唆している 

 

インプラントアバットメントの着脱が辺縁骨の吸収に関与するとの文献もありましたが、そこまで大きな影響はないのかもしれません。

 

 

今後も豊中市の皆様の歯や口腔内の健康維持に寄与出来ればと思います。

 

こういう大変な時期ですが私も歯科医師として今できることを精一杯させて頂こうと
思っております。
では皆さま今日も一日頑張っていきましょう。
歯医者として豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!
これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来る歯医者となるように」
努力したいと思います。

「まつもと歯科」のホームページはこちら:

http://www.matsumoto-dentalclinic.jp/

 

「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:

http://www.matsumoto-ortho.jp/

Dr. Ernesto Leeの低侵襲骨造成ハンズオンコース 「大阪府豊中市岡町の歯医者・歯科審美学会認定医・まつもと歯科」

こんにちは。

まつもと歯科院長 松本卓也です。

 

豊中岡町も暖かくなって、桜が綺麗になってきましたね。

良い季節で気持ちが良いですね!

 

さて先日東京の方へDr. Ernesto Leeの低侵襲骨造成ハンズオンコースに参加してまいりました。

 

Dr. Ernesto Lee はGreater New York Academy of Prosthodontics の副会長で、アメリカでインプラント専門の歯科医師として開業されており、歯科用インプラントにおける骨造成術で世界的権威で、最小限の侵襲で成功率の高い術式を開発された歯科医師です。

 

骨造成とはインプラント時に骨が足りない際に、骨を足す際に行う歯科治療です。

 

インプラントは骨に埋入する必要があります。

しかし、歯周病や虫歯で歯を失った場合、往々にして骨も少なくなっていることが多いです。

そのような際に行う術式になりますが、残念なことに腫れや痛みが出やすい歯科処置でもあります。

 

それを低侵襲で行う術式を開発したのがDr. Ernesto Leeになります。

 

論文でしか見たことがない先生に実際に講義やハンズオンをしてもらい、大変勉強になりました!

 

 

今後も豊中市の皆様の歯や口腔内の健康維持に寄与出来ればと思います。

 

こういう大変な時期ですが私も歯科医師として今できることを精一杯させて頂こうと
思っております。
では皆さま今日も一日頑張っていきましょう。
歯医者として豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!
これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来る歯医者となるように」
努力したいと思います。

「まつもと歯科」のホームページはこちら:

http://www.matsumoto-dentalclinic.jp/

 

「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:

http://www.matsumoto-ortho.jp/

CLUBGP 定例会 Maxillofacial analysis 「大阪府豊中市岡町の歯医者・歯科審美学会認定医・まつもと歯科」

こんにちは。

まつもと歯科院長 松本卓也です。

 

豊中岡町も花粉がすごいですね。

花粉症持ちには嫌な季節になってきましたね。

 

さて先日私が理事を努めます歯科医師のスタディーグループであるCLUGPの定例会が開催されました。

 

今回の定例会は表題の「Maxillofacial analysis」についてでした。

 

「Maxillofacial analysis」とは顔貌や骨格を含めた診断を行い、口腔内の治療に反映させる治療の診断法になります。

いわゆる全顎的な包括的な歯科治療を行う際には、前歯の位置やかみ合わせの平面及び高さ、位置や歯の形態、いわゆるガイドと言われる歯を横や前にずらしたときにどこの歯が当たるか、もしくはその角度が重要なのですが、それらの位置を決めて行く際に顔貌が参考になります。

 

前歯の位置の決定に顔貌や口唇は大きく影響しますし、かみ合わせの高さや位置も同様です。

 

その辺りをマイクロスコープを用いた歯科治療で著名な内山 徹哉先生に講義をして頂きました。

 

診査、診断は歯科治療において最も重要であると思っておりますので、凄く勉強になりました。

日々勉強していきたいと思います。

 

 

 

今後も豊中市の皆様の歯や口腔内の健康維持に寄与出来ればと思います。

 

こういう大変な時期ですが私も歯科医師として今できることを精一杯させて頂こうと
思っております。
では皆さま今日も一日頑張っていきましょう。
歯医者として豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!
これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来る歯医者となるように」
努力したいと思います。

「まつもと歯科」のホームページはこちら:

http://www.matsumoto-dentalclinic.jp/

 

「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:

http://www.matsumoto-ortho.jp/

歯科用インプラントに関する論文抄読会 「大阪府豊中市岡町の歯医者・歯科審美学会認定医・まつもと歯科」

こんにちは。

まつもと歯科院長 松本卓也です。

今月も新しい歯科用インプラントに関する論文を抄読いたしましたので掲載いたします。

 

 

一次創閉鎖の有無における歯周病感染性の臼歯窩におけるリッジプリザベーション:比較対照臨床試験 

TitleRidge preservation in periodontally compromised molar sockets with and without primary wound closure: A comparative controlled clinical trial 

AuthorYiping Wei, Liping Zhao, Haoyun Zhang, Ziyao Han, Wenjie Hu, Tao Xu 

JournalClin Oral Impl Res. 2024;35:131–139 

 

PURPOSE 

抜歯後の歯槽骨の吸収を最小限に抑える方法 としてリッジプリザべーションARP)が行われている。また、治療ガイドラインに関してARP 後の一次創閉鎖の必要性が特に議論の的となっている。本研究ではARP 後の一次創閉鎖の有無によって、硬組織の治癒に変化があるかどうかを調べた。 

MATERIALS AND METHODS 

重度の歯周炎のため大臼歯抜歯とその後のインプラント治療が予定されている患者が登録された。 患者は、新しい歯周病の基準によるステージ III または IV、グレード C の歯周病の基準を満たす。 

本研究には、対象となる40 本の臼歯を持つ40人の患者が登録された。 20 歯をコントロールグループに割り当て、残りの 20 歯はテストグループに割り当てた。抜歯後、掻爬を行い、滅菌生理食塩水で洗浄した。 

コントロールグループでは、ソケットは全層弁で剥離、2 つの減張縦切開を行うことで1次創閉鎖を得た。(図1)。  

 

テストグループでは全層弁で頬側と舌側を23 mm歯槽骨を露出させた。( 2)  

どちらのグループでも、ソケットは Bio-Ossを移植しBio-Gideで被覆した。 

テストグループでは、コラーゲンスポンジでカバーし、クロスマットレス縫合を行った。 

術前および術後6ヶ月にプロービング深さ、歯肉退縮量、BOP、角化歯肉幅 (KTW) などの臨床パラメーターを計測した。 

RESULTS 

コントロール群は患者20 (平均年齢: 48.8 ± 7.7 年。 男性16名、女性4名)、テストグループは患者20名(平均年齢:48.9 ± 7.6 歳、男性15人、女性5名)であった。  

X線写真分析により、頬側および舌側歯槽骨レベルが両グループで維持されていることが明らかになった(表2)。 

寸法変化に関しては統計的に有意差はなかった 

3 は歯槽骨の三次元変化を示す。 

コントロールグループとテストグループに体積変化の観点で統計的に有意な差はなかった。 

4 は、6 ヶ月後の軟組織の変化を示す。テストグループと比べコントロールグループは角化歯肉幅が統計的に有意に1.08 ± 1.63 mmの減少した(p< .05)テストグループは 平均 0.43±1.40 mm 角化歯肉幅が減少した。 

CONCLUSION 

本研究において、ARP後の硬組織の変化 は一次創閉鎖の有無で同等であった。 しかし、一次創閉鎖を行わないARPは、創傷閉鎖を行ったARPよりも多くの角化歯肉幅が保存された。 

 

抜歯をすると周囲の歯槽骨は吸収することが多いのですが、ARPを行うことで歯槽骨の吸収を減らすことが出来ます。

歯槽骨幅や角化歯肉幅はインプラント治療時に必要なので、保存がすることが大事になります。

 

今後も豊中市の皆様の歯や口腔内の健康維持に寄与出来ればと思います。

 

こういう大変な時期ですが私も歯科医師として今できることを精一杯させて頂こうと
思っております。
では皆さま今日も一日頑張っていきましょう。
歯医者として豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!
これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来る歯医者となるように」
努力したいと思います。

「まつもと歯科」のホームページはこちら:

http://www.matsumoto-dentalclinic.jp/

 

「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:

http://www.matsumoto-ortho.jp/

CLUBGP 定例会 歯周組織再生療法の可能性・歯内療法の再処置法 「大阪府豊中市岡町の歯医者・歯科審美学会認定医・まつもと歯科」

こんにちは。

まつもと歯科院長 松本卓也です。

 

豊中岡町もとても寒いですね。

皆様体調いかがでしょうか?

 

さて先日私が理事を努めます歯科医師のスタディーグループであるCLUGPの定例会が開催されました。

 

今回の定例会は表題の「歯周組織再生療法の可能性」と「歯内療法の再処置法」についてでした。

 

「歯周組織再生療法の可能性」については歯周病専門医である井原 雄一郎先生による講演です。

歯周病の再生療法を治療するにあたり、自ら難易度を分類し、症例を提示しながらの講演でありとても刺激的で、勉強になりました。

歯周病の再生療法における分類分けを自ら考えるだけでなく、患者さん一人一人にしっかり向き合って治療手順を考えていることがよく分かる講演でした。

私もより、勉強し、考えることで治療結果を高めていけるよう精進したいと思います。

 

 

「歯内療法の再処置法」については同じく若手の理事である柳井 宗鋼先生による講演でした。

歯内療法は私も最も興味がある歯科治療における分野の一つで、若手の先生が考え、

しっかりした治療法を確立し、実践されているのを見て大変感慨深かったです。

 

お二方ともとても素晴らしい先生で、私もより一層頑張ろうと思えた1日でした。

 

 

 

 

今後も豊中市の皆様の歯や口腔内の健康維持に寄与出来ればと思います。

 

こういう大変な時期ですが私も歯科医師として今できることを精一杯させて頂こうと
思っております。
では皆さま今日も一日頑張っていきましょう。
歯医者として豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!
これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来る歯医者となるように」
努力したいと思います。

「まつもと歯科」のホームページはこちら:

http://www.matsumoto-dentalclinic.jp/

 

「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:

http://www.matsumoto-ortho.jp/