お口の中のお悩みなら「まつもと歯科」で根本治療

まつもと歯科医院ブログ

豊中市(岡町)の歯医者・歯科・インプラントなら「まつもと歯科」

インプラント歯科論文抄読会 「大阪府豊中市岡町の歯医者・まつもと歯科」

こんにちは。

まつもと歯科院長 松本卓也です。

今年一回目のインプラント歯科論文抄読会で歯科論文を抄読してきましたので掲載いたします。。

 

ブロック及び顆粒骨補填材を用いたGBR時の歯科用インプラント周囲の硬組織の変化を比較した6ヶ月間RCT研究

Title :Hard tissue changes after guided bone regeneration of peri‐implant defects comparing block versus particulate bone substitutes: 6‐month results of a randomized controlled clinical trial Author:Goran I. Benic ,Barbara M. Eisner,Ronald E. Jung , Tobias Basler,David Schneider ,Christoph H. F. Hämmerle Journal:Clin Oral Impl Res. 2019;30:1016–1026.

 

PURPOSE
歯科用インプラント周囲骨欠損に対してGBRに使用されるブロック状骨補填材が、顆粒状骨補填材とで歯科用インプラント周囲の硬組織幅径の変化をテストする。
MATERIALS AND METHODS
・この歯科臨床研究は、スイスのチューリッヒにあるチューリッヒ大学歯科医学センターの再建歯科クリニックで実施された。
・被験者の選択基準 18歳以上、口腔外科的介入が禁忌となる病歴がない、重度の喫煙(1日あたり20本以上)、歯周病がコントロールされている、プラークスコア<25%、歯槽堤の頬側欠損を伴う歯科用インプラントの必要性、抜歯後4か月を超える、歯科用インプラント埋入後の裂開型頬骨欠損の存在。 ・術前に、患者は抗生物質(2×750 mgアモキシシリン)と非ステロイド性鎮痛薬/消炎薬を投与。局所麻酔下で、歯槽頂切開および垂直の減張切開、歯科用インプラント(OsseoSpeed EV、DENSTPLY Implants)が補綴的に理想的な位置に挿入された。 治療法はランダムに割り当てられた •Bio-Oss海綿骨顆粒、粒径0.25–1 mm、(Geistlich PharmaAG)+コラーゲン膜(NBCM)Bio-Gide(Geistlich Pharma AG)+吸収性ポリ乳酸固定ピン(Inion GTR™、Inion Ltd)。 •BioOss®ブロック(Geistlich Pharma AG)+ Bio-Gide(Geistlich Pharma AG)+固定ピン(Inion GTR™、Inion Ltd)。
・ブロック骨補填材はバーで必要な形態に修正した。

・6ヵ月後、2次オペで組織を評価した。歯科用インプラントショルダーを基準にして欠損の高さを測定した。インプラントカバースクリューをヒーリングアバットメントに交換し、歯肉フラップを縫合した。
・CTは埋入直後と2次オペ前に行った
RESULTS
5人が除外され、それぞれ12人の24人が対象となった。それぞれ1症例で裂開が認められた。
・術中、DBBMの水平方向の幅径の中央値は、ブロックグループで3 mm(平均±SD:3.17±0.49 mm)、顆粒グループで4 mm(平均±SD:4.00±0.74 mm)でした。 創傷閉鎖後、硬組織の水平方向の厚さの中央値は、ブロックグループで3.35 mm(平均±SD:3.38±0.59 mm)、微粒子グループで2.85 mm(平均±SD:2.73±0.69 mm)。 6ヵ月時点で、硬組織の水平方向の厚さの中央値は、ブロックグループで2.90 mm(平均±SD:2.71±1.19 mm)、微粒子グループで0.2 mm(平均±SD:0.52±0.80 mm)グループ間の6か月でのHTの差は2.7 mmであり、統計的に有意であった(p <.001)。
・歯科用インプラント埋入後に臨床的に評価された欠損の平均は、ブロック群で3.5 mm、顆粒群で4.25 mm(p = 0.749)インプラント 2次オペ時では、欠陥の中央値は、ブロック群では0 mm、顆粒群では0.75 mm(p = .001)
CONCLUSION
•コラーゲン膜および固定ピンと組み合わせブロック骨補填材を使用した6か月の治癒後の硬組織の幅径は、コラーゲン膜および固定ピンを用いた顆粒状骨補填材よりも優れていた。 •コラーゲン膜と組み合わせたブロック状骨補填材の使用は、6ヶ月後の垂直骨欠損の治療結果は、コラーゲン膜を使用した顆粒状骨補填材よりも優れていた。

 

 

 

今年も1年頑張っていきましょう!
歯医者として豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!
これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来る歯医者となるように」
努力したいと思います。
「まつもと歯科」のホームページはこちら:

トップページ


「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:
http://www.matsumoto-ortho.jp/
大阪府豊中市中桜塚2-20-12-103
まつもと歯科


新年明けましておめでとうございます 「大阪府豊中市岡町の歯医者・まつもと歯科」

明けましておめでとうございます。

まつもと歯科院長 松本卓也です。

 

今年も一年スタッフ一同頑張ってまいりますのでよろしくお願いいたします!

 

今年も1年頑張っていきましょう!
歯医者として豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!
これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来る歯医者となるように」
努力したいと思います。
「まつもと歯科」のホームページはこちら:

トップページ


「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:
http://www.matsumoto-ortho.jp/
大阪府豊中市中桜塚2-20-12-103
まつもと歯科


皆川インプラントアカデミー総会2019  「大阪府豊中市岡町の歯医者・まつもと歯科」

こんにちは。

まつもと歯科院長 松本卓也です。

 

早いものですが今年も残すところ後1週間ほどです。

皆さま今年も良い1年だったでしょうか?

私は前厄の1年を何とか乗り切りましたので、来年は本厄の1年を何とか乗り切り

歯医者として、歯科医院にとって、家族にとって良い1年にしていけたらと思っております。

 

さて先日大阪・豊中から東京の方へ皆川インプラントアカデミー総会2019に参加してまいりました。

皆川先生による歯科用インプラントや歯周治療における本年度のトピックに関する講演と

トニー・ブザンが考案したマインドマップのインストラクターである近田美季子先生の講演を聞いてまいりました。

 

皆川先生の今年のトピックとしましては、歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)を用いた

歯周外科に力を入れておられるとのことです。

私も以前から歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)を使用した歯科治療を行っていますが、

特に根面被覆という術式に関して数症例見せていただきました。

歯周病が進行すると歯根がみえてきて、歯の隙間が広がってきます。

そうなると見た目の問題だけでなく、歯がしみたり、息が漏れたり、しゃべりにくくなったりします。

出てきた歯根に歯肉を移植して元に戻す歯科処置を根面被覆といい、これにより治療が可能です。

もちろんどんな状態歯根露出に対しても効果があるわけではなく、適応症があります。

根面被覆の適応症や詳細な術式についても述べられていました。

根面被覆は予知性の高い歯科治療方法ですし当歯科医院でも行っている歯科処置ですので

ご興味がある方はご相談ください。

また骨造成を行った歯科用インプラント治療の予後についてもお話しされました。

私がコースに通っていた3年前とはだいぶ歯科用インプラントの術式が変わっており、

常に変化を求め前進されている皆川先生の講演を聞いて、私もより勉強し

より良い歯科治療が提供できるように頑張ろうと励みになりました。

 

 

 

午後からはマインドマップのインストラクターである近田美季子の講演でした。

英国の教育者であるトニー・ブザンが考案したノート法で、1974年にBBCテレビの教育番組でシリーズ放送されたことがきっかけに、マインドマップは思考や学習のツールとして世界的に普及しました。

僕も初めてレクチャーを受けたのですが頭の整理に良さそうです。

目標や仕事の整理に使ってみようと思います!

他にも暗記の仕方のレクチャーなどとても興味深い講演でした。

 

 

今年も歯科に関することだけでなく面白い話が聞けて楽しかったです。

 

今年ものこり1週ほどですね。
皆さま頑張っていきましょう!

歯医者として豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!
これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来る歯医者となるように」
努力したいと思います。
「まつもと歯科」のホームページはこちら:

トップページ


「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:
http://www.matsumoto-ortho.jp/
大阪府豊中市中桜塚2-20-12-103
まつもと歯科


豊中市中桜塚ひだまり保育園歯科検診 「大阪府豊中市岡町の歯医者・まつもと歯科」

こんにちは。

まつもと歯科院長 松本卓也です。

 

先日年2回歯科検診に伺っている豊中市中桜塚ひだまり保育園の方に行ってまいりました。

今年も虫歯の子は少なく、皆さま綺麗にして頂いておりました。

 

私の子供も同じような年齢ですので親近感が湧きますし可愛いです!

 

ただ不正咬合の子は何人かいらっしゃい少し気になりました。

良く顎が小さくなってきているという話は聞きますがそのあたりの影響が

あるのかもしれません。

 

もし皆様のお子様も気になるようでしたらご相談ください。

 

今年もあと少しです。

皆さま頑張っていきましょう!

 

歯医者として豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!
これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来る歯医者となるように」
努力したいと思います。
「まつもと歯科」のホームページはこちら:
http://www.matsumoto-dentalclinic.jp/
「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:
http://www.matsumoto-ortho.jp/

大阪府豊中市中桜塚2-20-12-103
まつもと歯科


審美歯科学会ポスター発表 「大阪府豊中市岡町の歯医者・まつもと歯科」

こんにちは。

まつもと歯科院長 松本卓也です。

 

ここ数日大変寒くなっていますが皆さま体調いかがでしょうか?

先日審美歯科学会に参加し、歯科用インプラントについて症例発表を行いに

大阪・豊中市から東京の品川にある昭和大学上条記念館の方へ伺ってまいりました!

 

 

「サージカルガイドを用いた前歯部インプラント症例」
という演題で歯科症例を発表してまいりました。

 

 

審美歯科学会の認定医でありお世話になっている青江先生との一枚です。

今回の審美歯科学会は演題数も多くとても活気がありました!

来年には私も審美歯科学会の認定医試験を受ける予定にしております。

またご報告いたしますね!

午前の審美歯科学会の発表後は、東京CLUB GPの例会に参加してまいりました。

同じクラブGPでも大阪と雰囲気が違いとても面白かったです。

歯科診療に対する熱意は皆一緒ですが、歯科医師によって見方が違い

よく考えておられる先生の話は年齢関係なく勉強・刺激になります。

 

 

その後、深夜まで歯科に関して意見交換し、宿泊したのち
審美歯科学会2日目に臨み、その後大阪・豊中に帰ってまいりました。

歯科診療に関しては日々勉強ですがとても楽しかったです!

 

では皆さま今日も一日頑張っていきましょう!
歯医者として豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!
これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来る歯医者となるように」
努力したいと思います。
「まつもと歯科」のホームページはこちら:

トップページ


「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:

http://www.matsumoto-ortho.jp/

 

大阪府豊中市中桜塚2-20-12-103

まつもと歯科