とりあえずの治療から卒業

院長あいさつSJCDの講師陣には、日本でもトップクラスの先生方が名を連ねています。雲の上のような方から直接いただくアドバイスはありがたく、私に歯科医師として目指すべき指針を与えてくれました。その中で印象に残っていることは「プロの歯科医師は、診療中に"とりあえず"という言葉を使ってはならない」ということです。どんな患者様に対しても全力で治療にあたりなさい、と教えてくださっています。

プロの治療とは、いまある力を100%出し切ること
確かに診療をしていると「とりあえず保険治療で...」「とりあえず様子を見ましょう...」ということがあります。患者様も「とりあえず歯を残してほしい」「とりあえず銀歯で」などとおっしゃることが多く、お互いにお口の健康に対して本気で考える必要があると思います。

患者様と真剣に向き合っていれば、歯の状態をきちんとご説明し、治療計画をしっかり立てて提案できるはずです。講師の言葉から、治療に対する真摯な取り組みを改めて教えていただいた思いがしました。それ以後、日々の診療をより一層大切に感じるようになり、自分の持てる力を100%出し切れる治療を目指して、研鑽を重ねています

まずは、お悩みをご相談ください

治療に関する疑問・不安、治療内容について、まずはお気軽にご相談ください。