ホワイトニングを受ける前のご注意

ホワイトニング健康状態によっては、ホワイトニングが適応できない場合があります。たとえば、むし歯や歯周病がある方は歯を痛める恐れがあり、妊娠中あるいは授乳中やアレルギー体質の方は、お体に悪い影響を与えることがあります。お心あたりがある方は、処置を受ける前に必ず担当医師とご相談ください。

<ホワイトニングに適さない方>
●むし歯や歯周病がある方
●妊娠中や授乳中の方
●アレルギー疾患をお持ちの方

ホワイトニングの効果が期待できないケース
先天的な歯の変色や人工歯など、歯の状態によっては、ホワイトニング効果がそれほど期待できないことがありますので、事前にご相談ください。

<ホワイトニングに適さない歯>
・生まれつき変色している歯
・被せ物・詰め物など人工の歯
・神経を取った歯
・抗生物質の影響でグレー・茶色に変色している歯

まずは、お悩みをご相談ください

治療に関する疑問・不安、治療内容について、まずはお気軽にご相談ください。