患者様に安全・安心をお約束する5つの取り組み

【安全・安心への取り組み1】 CT撮影による精密な診査・診断・治療計画インプラント治療
インプラント手術を行う上で重要な役割を果たしているのが、CTです。当院はCTを完備していますので、迅速かつ精密な診断ができます。CTを撮ることで、患者様の骨の状態が確認でき、厚みや深さも正確に判断できますので、埋入位置を正確に割り出すことができます。

【安全・安心への取り組み2】サージカルステントを使った正確な手術
症例
CTで撮影したデータを基に埋入位置を割り出し、サージカルステントを製作します。サージカルステントとは、インプラント体を埋入する位置を正確に記した補助具です。患者様のお口の中に装着してサージカルステントに従って手術しますので、インプラント体を正確な位置に確実に植立することができます。
このサージカルステントなしに、手指感覚のみで正確な位置にインプラントを埋入することは当然不可能で、学会や論文でその危険性が指摘されているにもかかわらず、手間や費用の問題で使用されないことが多いです。
当院では安全のため、すべてのケースでサージカルステントを製作・使用しております。

当院の使用するサージカルステントは、世界的に著名なインプラント専門医の皆川先生が考案されたもので、誤差が0.002mm以内というレゴブロックを用いたエールガイドというシステムです。これにより、インプラントの埋入位置をCTのシミュレーションから誤差なく正確に割り出すことができます。

このステントを使用することで重要な血管や神経などを避けた安全なインプラントを行うことができ、皆様により安心してインプラントを受けていただくことが可能となります。

また高い精度のおかげで条件が良ければ、抜歯をしてインプラントを埋入し、当日に仮歯まで製作することも可能です。

【治療前】歯が折れてしまったということで来院されました。
【治療後】折れた歯を抜いてインプラントを埋入し、当日に仮歯を入れました。

【安全・安心への取り組み3】出血や腫れが少ないフラップレス手術インプラント治療
インプラント手術では、歯ぐきを切開してインプラント体を埋入するため出血があり、術後の腫れや痛みも伴います。当院では、状態が良ければ歯ぐきを大きく切開しないフラップレス手術も採用していますので、術中の出血や術後の腫れや痛みを抑えた、患者様の体に負担が少ないインプラント手術を行えます。

※患者様のお口の状態によってはフラップレス手術が適応できない場合もございます。その際は、別の手術法での対応となります。

【安全・安心への取り組み4】安心の10年保証
インプラント治療インプラント体の脱落や欠損などのトラブルが起きたときのために、インプラント体の10年間保証を行っています。また人工歯は、種類に合わせた補償制度があります。

なお、インプラントはメインテナンスを受けることで長持ちさせることができます。安定した状態を保つためにも、定期的なメインテナンスの受診をおすすめしています。

【安全・安心への取り組み5】メインテナンスで長持ちさせるインプラント治療
インプラントはむし歯になりませんが、周囲の歯肉が炎症を起こしたり、歯周病に感染したりすることがあります。万が一インプラント歯周炎を引き起こすと、移植したインプラント体が脱落することもありますので、定期検診とメインテナンスが欠かせません。インプラントは、治療を終えてからが本当の治療の始まりです。安定した噛み心地を長持ちさせるためにも、メインテナンスをおすすめします。

まずは、お悩みをご相談ください

治療に関する疑問・不安、治療内容について、まずはお気軽にご相談ください。