あなたも歯周病ではありませんか?

歯周病治療

まず、ご自身のお口の中をチェックしてみましょう。

□ 歯を磨いていると、歯ぐきから血がにじんでくる
□ 朝起きると、お口の中がネバネバして気持ち悪い
□ 硬い物が噛みにくい
□ 歯ぐきが腫れている
□ 歯がぐらぐらしてきた
□ 周りの人にお口が臭うと言われた

当てはまる症状があれば、あなたも歯周病に感染している可能性があります。早めに歯科医院に行き、歯周病検査を受けることをおすすめします。

メインテナンスを重視した歯周病治療

歯周病治療歯周病は、日本人の成人8割が感染していると言われ、もはや国民病とまで言われています。しかし初期症状がほとんどありませんので、定期検診を受けて初めて歯周病が見つかったという方も少なくないでしょう。歯周病が重症化して骨が溶かされると、二度と元の状態には戻りません。そうなる前に、毎日の歯磨きで歯周病を防ぎましょう。

当院では、予防を重視した歯周病治療を行っています。歯周病の一番効果的な治療は、お口の中の汚れをしかり取り除き、歯周病になりにくい環境を作ることです。毎日の歯磨きやメインテナンスを通じて、歯周病になりにくい環境を整えます。また、進行した歯周病は、治療をしても元の状態に回復させることができませんので、症状を改善し、進行を食い止めるための処置を施します。

歯周病は、歯が抜け落ちる恐ろしい病気

歯周病歯周病は、歯周病菌が引き起こす病気です。感染すると歯を支えている歯槽骨が溶かされ、やがて支えきれなくなると歯がぐらつき始めます。最後には歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。

歯周病の恐ろしさは、初期症状がないこと。自覚症状が現れたときにはすでに手遅れになっていることも珍しくありませんが、早期に発見すれば進行を食い止めることができます。歯周病検査で正確な診断ができ、症状に合わせた適切な治療が受けられます。大切な歯を守るためにも、歯周病検査をおすすめしています。

歯周病の進行具合と治療方法について

軽度歯周病歯周病の進行具合
歯と歯肉の間にプラーク(歯垢)や歯石が溜まって、細菌が繁殖しています。歯肉に炎症が起きて、腫れや出血が見られる状態です。この段階であれば、歯科衛生士によるブラッシング指導や1~2回のクリーニングなどを行うことで、比較的短期間に回復できます。

中等度歯周病歯周病の進行具合
口臭や出血がひどく、歯石の付着も目立つ状態です。徐々に骨が後退しはじめ、歯周ポケットも深くなり、歯にグラつきが起きはじめます。この段階では、歯の表面に沿って歯周ポケットの奥まで付着した歯石を取る治療が必要です。痛みを感じるときは、麻酔をして無痛状態で施術します。歯肉溝(ポケット)の深さが4mm以上ある場合は非外科的な処置が難しいため、歯周外科の適応となる場合があります。

重度歯周病歯周病の進行具合
歯肉が化膿して真っ赤に腫れ、骨もかなり破壊されて後退し、歯の動揺が大きくなった状態です。重度の場合、非外科処置では対応できない部位は歯周外科で処置します。それでも保存不可能な場合は、残念ながら抜歯となります。

当院の歯周病治療メニュー

【スケーリング】歯肉炎のうちに治療歯周病治療メニュー
スケーリングとは、歯根の表面の歯垢・歯石などを除去し、表面を滑らかにする治療方法です。歯石の表面はザラザラしているためプラークが付着しやすく、一度汚れが付くと落ちにくくなります。スケーリングではプラークを取り除いて歯周病を改善し、プラークが付きにくい状態にします。歯石は一度除去しても再形成しますので、定期的に歯科医院でケアしてもらうことが必要です。

【歯周ポケット掻爬(そうは)術】深い歯周ポケットを浅くする
歯肉に麻酔をして、歯周ポケットの中の歯垢や歯石を除去する手術です。深い歯周ポケットを浅くすることによって、プラークが溜まりにくい環境を作る方法なので、歯周ポケットの深さが3~5mm程度の比較的軽症の場合に行います。

【フラップ法(Fop)】奥深くに隠れたプラークを取り除く
歯肉(歯ぐき)を切開して歯槽骨から剥離し、露出した歯根のプラークや歯石を除去します。また、必要に応じて、歯槽骨の清掃やダメージを受けた歯肉組織の除去なども行い、歯肉を元の状態に戻します。

【GBR法(骨再生誘導法)】
重度の歯周病によって破壊された歯槽骨や歯根膜を再生させる手術です。歯槽骨や歯根膜が回復するまで歯肉が入らないように、メンブレンと呼ばれる人工膜でスペースを確保し、歯周組織の再生を行います。

【エムドゲイン】
歯周病によって破壊された歯周組織にエムドゲインゲルと呼ばれる特殊な薬剤を歯根の部分に塗布し、縫合することで、歯肉を再生することが可能となります。

まずは、お悩みをご相談ください

治療に関する疑問・不安、治療内容について、まずはお気軽にご相談ください。