当院の痛みの少ない治療の4つの取り組み

【その1】表面麻酔で針を刺したときの痛みを抑える痛みの少ない治療
針を刺したときの痛みを緩和するために「表面麻酔」を使用してから麻酔をかけます。表面麻酔とは、痛みを感じにくくさせるためのジェル状の麻酔剤のこと。薬剤をお口の中の粘膜に塗ると、感覚が麻痺してきて、針を刺したときの"チクッ"とした痛みが緩和されます。

【その2】細い針を使用
針を刺したときの"チクッ"とした感覚は麻酔針の太さにも関係していて、細ければ細いほど痛みを感じにくくなります。細い針を使用することで、針を刺したときの痛みを和らげています。

【その3】ゆっくり丁寧に薬を注入
麻酔注射を打つときには、皮膚を引っ張りながら、痛みが感じにくい部位に針を刺します。また、麻酔液をできるだけゆっくりと一定の圧力で注入することで、違和感や不快感を抑えることができます

【その4】温めた麻酔液で痛みを和らげる
麻酔液を注入したときの違和感は、注入時の速度や圧力のほかに、麻酔液の温度も影響しています。最も違和感が少ない温度は、体温に近い温かさです。温めた麻酔液を使用しますので、薬を注入するときの違和感や痛みを軽減することができます。

まずは、お悩みをご相談ください

治療に関する疑問・不安、治療内容について、まずはお気軽にご相談ください。