«  2019年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2019年1月 7日

明けましておめでとうございます。
まつもと歯科院長 松本卓也です。

皆さま休み明けですが頑張っておられますでしょうか?

私どもの歯科医院も新年は5日から歯科診療を始めております。

本年も一般歯科をはじめ、予防歯科、歯周病治療、歯内療法、
歯科インプラント治療、歯科矯正治療、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)
を用いた精密歯科治療とさらなるレベルで頑張っていきたいと思います。

本年も新しくより良い歯科医療が提供出来ますよう
スタッフ一同協力してやってまいりますので
よろしくお願いいたします。

では皆さま今年も一年
頑張っていきましょう!!


豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!

これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来るように」
努力したいと思います。

「まつもと歯科」のホームページはこちら:
予防歯科・インプラント治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科

「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:
目立たない矯正歯科治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科

2018年12月28日

こんにちは。
まつもと歯科院長 松本卓也です。

大阪にも寒波がやってきて、豊中も寒くなってまいりましたが
皆さまいかがお過ごしでしょうか?

我が家はこども2人が40度近い熱を順番に出しまして
妻が大変ながら頑張ってくれており感謝しております。

さて先日東京の方に皆川インプラントアカデミーの総会に参加してまいりました。
幾度か書いているように皆川先生は歯科用インプラント治療において
世界的に著名な先生です。

東京へは岡町から伊丹空港、羽田と飛行機で行くのですが
伊丹空港はかなり綺麗になって心地いいですよね。

今回の皆川インプラントアカデミーは変化がとても多く
すごく刺激的な1日となりました。

まずは皆川先生の使用する歯科用インプラントが変わったこと。
カムログという世界的にも有名なインプラントメーカーから
京セラの日本製のインプラントメーカーに使用する歯科用インプラントを
変更したとのことです。

よりインプラントガイドが使用しやすいように様々な要望に
対応してくれること、歯科用インプラントの性能が良くなっていることが大きな理由で、
日本製の歯科用インプラントを使用する先生が増えてきている中で
皆川インプラントアカデミーの主流も変わるのかもしれません。

当院では当面はこれまで通りカムログインプラントを使用し
状況を見て京セラの歯科用インプラントを使用しようかと思います。

他にもオーラルフレイルや歯ぐきの外科処置などの
新しい取り組みについてのお話しもうかがうことが出来ました。

来年以降の取り組みとして色々考えてやっていこうと思います。

IMG_3549.JPG

では皆さま今年も残り少しですが
体調に気を付け頑張っていきましょう!!


豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!

これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来るように」
努力したいと思います。

「まつもと歯科」のホームページはこちら:
予防歯科・インプラント治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科

「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:
目立たない矯正歯科治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科

2018年12月17日

こんにちは。
まつもと歯科院長 松本卓也です。

急に寒くなってまいりましたが
皆さま体調いかがでしょうか?

また冷たいもので歯がしみやすい季節かもしれません。
気になる方は虫歯や歯周病のチェックを受けるようにしてくださいね。

さて先日あけぼの ひだまり保育園に伺い年末の歯科検診を行ってまいりました。

0~3歳のお子様ばかりで可愛いですし
覚えてくれているのか前回よりも懐いてくれているように感じました。

比較的綺麗に歯を磨いてもらっているお子様が多く
すごく安心しました!

出来れば虫歯がないまま、歯科治療が必要ないままいてほしいです。

歯並びが気になるお子様はちらほらおられますが
まだ小さいので歯科治療や矯正歯科治療として出来ることは少ないかもしれません。

ただ、ちょっとした行動や癖が歯の噛み合わせに影響することがありますので
ご家族に注意していただきたいなと思います。

私も自分の子供相手に四苦八苦しております。
フロスと歯磨き、フッ素と虫歯対策は当然しっかりしてますが、
歯の噛み合わせが良くなるように注意してあげないといけません。

せっかく関わり合いになれましたので
歯やお口の健康をしっかり守ってあげたいですね。

では皆さま今年も残り少ないですが
頑張っていきましょう!!

豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!

これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来るように」
努力したいと思います。

「まつもと歯科」のホームページはこちら:
予防歯科・インプラント治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科

「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:
目立たない矯正歯科治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科

2018年11月24日

こんにちは。
まつもと歯科院長 松本卓也です。
本日は小児歯科矯正装置であるプレオルソについて書きます。

プレオルソとはマウスピース型の歯科矯正装置で
歯科矯正前に行う歯科矯正の予備治療のようなイメージかと思います。

上顎前突/叢生/過蓋咬合/開咬症反対咬合/といったほとんどの
歯列不正の歯科矯正に対応できます。

87654.jpg

プレオルソの特徴といたしましては
1.柔らかい素材を使用し、装着時の"痛み"がほとんどありません。
 弾性があるためにこわれることがほとんどありません。

2.最適なデザインの"プリフォーム"タイプで、印象採得の必要がありません。
 装置を温める事により、フォーム調整が可能です。

3.いつでも、容易に取り外しでき、口腔内を清潔に保つことができます。
 家にいる時間に使用します。

4.MFTの装置として使用でき、舌は自動的に挙上されます。
 子どもへの指導もむずかしくありません。

ということが挙げられます。

ワイヤー歯科矯正や、インビザラインのようなマウスピース歯科矯正と違い
すべての歯を綺麗に並べたり、噛み合わせを作るものではありませんが、
非常に簡単であるので就学前など小さいお子様にも比較的使用しやすい、
歯科矯正装置であるかと思います。

取り外しするものなので虫歯になりやすいなどの
歯科矯正治療にありがちな問題もありません。

簡単な歯列不正の歯科矯正処置であれば
半年ほどで終わることが多いです。

この子は反対咬合(いわゆる受け口)の歯科矯正治療なのですが
半年で歯科矯正治療が終了いたしました。

12_122.jpg
歯科矯正治療前

78041.jpg
歯科矯正治療後

きちんと装着できるかによって期間はかわりますが
効果的な歯科矯正治療法になります。

早め早めに対応することで
将来の歯科矯正処置が楽になることが多いので
考えてみてください。

では皆さま今日も一日頑張っていきましょう!

豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!

これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来るように」
努力したいと思います。


「まつもと歯科」のホームページはこちら:
予防歯科・インプラント治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科

「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:
目立たない矯正歯科治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科


2018年11月 8日

こんにちは。
まつもと歯科院長 松本卓也です。

寒暖差の激しい時期ですが皆さま体調いかがでしょうか?

昨日豊中市歯科医師会の方から就学前検検診に豊中市蛍池の方に
行かせていただきました。

2時間で100人以上歯科検診しないといけないので
普段の歯科診療とは全く違いますが、元気なお子様を見て
とても楽しく、早く時間が過ぎました。

こういう歯科検診に来て思うのは、
皆さまとてもお子様のお口に興味を持たれており、
虫歯の子がとても少ないこと
歯並びや噛み合わせに問題がある子が多いことです。

歯並びや噛み合わせに問題があると
虫歯や歯周病のリスクが高まりますし、
運動能力や学力にも影響があるというデータや
無呼吸症候群の原因にもなると言われております。

健康な口腔状態を保つことは、そのお子様の将来にとって
とても大切なことです。

僕自身、自分の子供の口腔ケアにはとても気を使っております。

できたら一緒にお子様の健康な成長を手伝えたらと思います。

豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!

これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来るように」
努力したいと思います。


「まつもと歯科」のホームページはこちら:
予防歯科・インプラント治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科

「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:
目立たない矯正歯科治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科

2018年11月 3日

こんにちは。
まつもと歯科院長 松本卓也です。
最近少し更新することが増えてまいりました。
皆さまは体調いかがでしょうか?

先日歯周病に関する歯科研修会に診療後参加してまいりました。

歯周病菌は人類が最も感染していると言われており
罹患している方がとても多い歯科疾患になります。

皆さまの関心も高い歯科疾患かと思いますが
基本的には進行するともとの状態には戻らないため
予防歯科がとても大事になります。

歯周病の治療法は基本的にはプラークコントロールがメインになりますが
(歯ブラシ、歯間ブラシ、メンテナンス治療)
プラークコントロールのためには歯石除去、虫歯の歯科治療、あっていない
被せものや詰め物の歯科治療、歯科矯正治療などが必要となります。

場合によっては外科処置も行われますが
まずはご自身でプラークコントロールが出来ること、
予防歯科でメンテナンス治療を受けられることが重要となります。


最近ではリグロスなど歯周組織再生療法も行われてきていますが
繰り返しますが何よりもしっかり予防することが重要なのです!!

今回は歯周外科ではなく、非外科で行う歯周病治療に関する歯科実習で
どちらかというとコンベンショナルな歯科治療になりますが
あらためて面白いと思うことがたくさん聞けました。

歯周病に関してもより皆様のご希望に沿えるよう
スタッフ一同頑張っていきたいと思います!

IMG_3458.JPG


年末にかかり忙しいかと思いますが
皆さま今日も一日頑張っていきましょう!!

豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!

これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来るように」
努力したいと思います。


「まつもと歯科」のホームページはこちら:
予防歯科・インプラント治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科

「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:
目立たない矯正歯科治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科

2018年11月 2日

こんにちは。
まつもと歯科院長 松本卓也です。
皆さま寒くなってまいりましたがいかがお過ごしでしょうか?

先日私の所属しているクラブGPというスタディークラブで
歯科インプラントに関する症例発表をしてまいりました。

主に前歯部にインプラントを行った歯科症例を中心に発表を
行ったのですが、歯科用論文の参考文献をたくさん掲載しすぎて
少し時間がオーバーしてしまいました。

若手の歯科医師の先生もたくさん加わっていただいて
歯科論文抄読会がもっと盛り上がってほしいなとの思いから
詰め込みすぎたかもしれません。

トップを走っている歯科医師で
歯科論文をきちんと読めない歯科医師はまずいません。
もっと一緒に勉強できたらなあと思います!

今回は単純な抜歯待時埋入の前歯部インプラントケース、GBRを行った
前歯部インプラントケース、抜歯即時の前歯部インプラントケースの
症例発表を行ったのですが、
次回はもう少し大きなケースをまとめて発表できたらと思います。

発表後はいつものように懇親会で一緒に勉強している歯科医師の先生方と
情報交換してきました。
クラブGPのサロンで行われたのですが食事がすごい豪華でした!

IMG_3460.JPG

IMG_3461.JPG


では皆さま今日も一日頑張ってまいりましょう!

豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!

これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来るように」
努力したいと思います。


「まつもと歯科」のホームページはこちら:
予防歯科・インプラント治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科

「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:
目立たない矯正歯科治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科

2018年9月27日

こんにちは。
まつもと歯科院長 松本卓也です。
今回もインプラントに関する歯科論文を抄読いたしましたので掲載いたします。

Bio-Oss Collagen、エムドゲイン、ドキシサイクリンを併用しインプラント周囲炎の再生療法を行った3年間の前向きコホート研究 Title :Regenerative surgical therapy for peri‐implantitis using deproteinized bovine bone mineral with 10% collagen, enamel matrix derivative and Doxycycline--A prospective 3‐year cohort study Author:Faustino Mercado, Stephen Hamlet ,Saso Ivanovski Journal:Clin Oral Implants Res29:583-591

PURPOSE
・インプラント周囲炎に関する長期的で効果的なエビデンスは限られている。本論文ではBio-Ossコラーゲン、エムドゲイン、ドキシサイクリンを併用した治療法の研究を行った。
MATERIALS AND METHODS
・30人(20-70歳)の患者
健康で非喫煙者、十分なホームケア、手術前に歯周病治療が終わっており全顎的にブリーディングが20%以下、1本のみのインプラント周囲炎(クレーター状か全周にに及ぶ骨欠損、ポケット4mm以上で排膿・出血あり、20%以上の骨欠損、2年以上機能している)
・除外基準
コントロールされていない糖尿病、ビスフォスフォネート、妊娠中・授乳中の女性
・術前準備
術前4-6週前に全顎的な歯周治療
FMPS、FMBSが20%以下
・グラフト材の準備
Bio-OssコラーゲンとEMD0.35mlを15分浸す。さらにドキシサイクリン100mgを均一になるまで混和した。
・術式(Figure2)
浸潤麻酔、歯肉溝切開、1歯か2歯離して縦切開、剥離、肉芽除去、インプラントスレッドを超音波スケーラー(LOW)で清掃、ガーゼで乾燥、24%EDTAでインプラント表面を2分処理、生理食塩水で洗浄、グラフト、CAFを行う、必要ならCTG併用、吸収性の縫合糸(3-0)使用
・成功基準
ポケット5mm未満、さらなる骨吸収10%未満、排膿・出血なし、リセッションが前歯で0.5mm、臼歯で1.5mm未満
RESULTS


CONCLUSION
この術式は効果的であることが分かったが、カクテルの内容を変更しRCT研究が望まれる。

発表者:松本 卓也 抄録提出日時:平成30年9月15日

豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!

これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来るように」
努力したいと思います。


「まつもと歯科」のホームページはこちら:
予防歯科・インプラント治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科

「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:
目立たない矯正歯科治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科

2018年3月22日

こんにちは。
まつもと歯科院長 松本卓也です。
今回もインプラントに関する歯科論文を抄読いたしましたので掲載いたします。

歯周病患者の抜歯窩への歯槽堤増大術後の骨のリモデリングの3次元的解析:RCT Title :Three-d imensional analysis of bone remodeling following ridge augmentation of compromised extraction sockets in periodontitis patients: A randomized controlled study Author:Mario Aimetti,Valeria Manavella,Lisa Corano,Elena Ercoli,Cristina Bignardi Federica Romano Journal:Clin Oral Implants Res.29, 2018 :202-214

PURPOSE
・インプラント治療において骨吸収が激しい部位に歯槽堤増大術を行った場合とそうでない場合で、どのように骨組織が変化するかをCBCTを用いて計測した。
MATERIALS AND METHODS
・CONTORT statemenntに則り行ったRCT研究である。
・トリノ大学歯周病科で2015/1月~6月で前歯および小臼歯で頬側の骨吸収が著しい抜歯が必要な歯周病患者が集められた。
・除外基準
全身的疾患(骨代謝および血液疾患、制御されていない糖尿病など)、過去12ヶ月の頭頸部放射線療法、ステロイドおよびビスホスホネートの使用、喫煙10本/日、妊娠および授乳期、歯周病、口腔衛生状態が悪い患者、外傷、歯内、または補綴の理由による抜歯患者
・骨補填剤にBio-oss、メンブレンはBio-gideを用いた。
・抜歯直後および12ヶ月後にCBCTにて撮影を行い、3Dレンダリング画像を用い計測を行った。
RESULTS
・テスト
・コントロール
・水平的な吸収は歯槽頂付近でテスト群で-2.60±1.24mm、コントロール群で4.92±2.45mmと優位に差があった。
頰側の骨のリモデリング後の高さもテスト群で-2.50±2.12mm、コントロール群で0.51±1.02mmと優位に差があった。
骨量の減少量においてもテスト群で-9.14±8.44%、コントロール群で35.16±10.92%と優位に差があった。
CONCLUSION
・抜歯後は吸収の少ないxenograftとコラーゲンメンブレンを用いることで、歯槽骨の形態と幅を維持できる

発表者:松本 卓也 抄録提出日時:平成30年3月16日

豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!

これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来るように」
努力したいと思います。


「まつもと歯科」のホームページはこちら:
予防歯科・インプラント治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科

「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:
目立たない矯正歯科治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科

2018年1月18日

皆様こんにちは。
まつもと歯科院長 松本卓也です。

今回もインプラントに関する歯科論文を抄読いたしましたので掲載いたします。

過去に失敗した部位に埋入されたインプラントの生存率に関する研究 Title : Survival of dental implants placed in sites of previously failed Author:Bruno R. Chrcanovic, Jeno Kisch, Tomas Albrektsson, Ann Wennerberg Journal:Clin Oral Implants Res.28, 2017 :1348-1353

PURPOSE
・インプラント治療は高い成功率を示す治療法だが未だ失敗も認められる。今回は失敗部位に再埋入した場合のインプラントの生存率および関連因子について研究した。
MATERIALS AND METHODS
・一つの専門医(Clinic for Prosthodontics, Centre of Dental Specialist Care, Malmo, Sweden)で治療され継続的に(1980-2014)メンテナンスを受けていた2670人の患者に対する10096本のインプラントに基づいた後ろ向き研究である。
・失敗した部位にインプラントを再埋入したケースに限る。Zygomatic implantsは除外して現代の骨内型インプラントに限る。
・ 失敗とは撤去が必要なケースでロストかインプラント体の破折である。
・関連因子として糖尿病のタイプIまたはII、高血圧、高コレステロール血症、
喘息、乾癬、化学療法、頭頸部への放射線治療患者、抗うつ薬、免疫抑制薬、 ビスホスホネート、抗血栓剤、 胃酸を減少させる医薬品以下の行動要因 喫煙習慣、嗅ぎタバコの使用、ブラキズムを調べた。
RESULTS
・初回のインプラント生存率は94%で再埋入は73.14%である。
・初回のインプラント失敗までの平均日数は718±961日(最小13、最大5911)、インプラント二次オペまでに26.1%、49%は術後1年以内に起こった。
・二回目のインプラント再埋入の失敗はインプラント二次オペまでに17.1%、41.6%は術後1年以内に起こった。
・三回目のインプラント再埋入の失敗は二次オペまでに0%、40%は術後1年以内に起こった。
・インプラント再埋入の回数が増えると失敗率も増加する傾向にある。
・インプラントはラフサーフェスの方が生存率が高い。


・lekholm & zarbの分類で条件が悪い方がインプラント生存率が低い傾向がある。

CONCLUSION
・失敗部位におけるインプラント治療の生存率は低くなる。
・抗うつ薬や抗血栓薬が負の関連性を持つ可能性がある。

発表者:松本 卓也 抄録提出日時:平成30年1月19日


豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!

これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来るように」
努力したいと思います。


「まつもと歯科」のホームページはこちら:
予防歯科・インプラント治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科

「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:
目立たない矯正歯科治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科

2017年11月23日

こんにちは。
まつもと歯科院長 松本卓也です。
今月もインプラントに関する歯科論文を抄読いたしましたので掲載いたします。

部分欠損患者における垂直GBR後のインプラント埋入結果:10年間の前向き臨床研究 Title :Long-term outcomes of implants placed after vertical alveolar ridge augmentation in partially edentulous patients: a 10-year prospective clinical study Author:Mario Roccuzzo, Matteo Savoini, Paola Dalmasso, Guglielmo Ramieri Journal:Clin Oral Implants Res.28, 2017 : 1204-1210.

PURPOSE
・垂直GBR後に埋入されたインプラント周囲の10年後の臨床パラメータとインプラント周囲再生骨の安定性を調査する
・インプラントの喪失、インプラント周囲骨の喪失、軟組織のリセッション、排膿、ポケットの深さ、プラーク、プロービング時の出血、及び追加処置の必要性を調査する
MATERIALS AND METHODS
・41人(男性13人、女性28人、平均年齢48.5±10.6)の患者に82本のインプラントを埋入
・Cawood and Howell の分類でClass
Ⅳ、Ⅴ、Ⅵであり、最低4mmの骨造成が必要

・最初の18人は自家骨を用い、チタンメッシュを使用した
・次の23人は12のテストグループ(自家骨+チタンメッシュ)と12のコントロールグループ(自家骨+チタンメッシュなし)に分けて手術を行った
・すべての手術は浸潤麻酔科で同一の歯周病・インプラント専門医が行った

・最初にGBRを行い、4-6か月後にインプラント埋入(SLAインプラント)を行った
・必要な場合は必ずCTGを行った

RESULTS


・7人が脱落し、34人の結果である
・2.34±1mmから1.89±1.11mmに角化歯肉は減少した
・歯周病の既往がある患者の骨吸収は0.78±0.59mmで既往のない患者の0.43±0.50mmで優位差があった

DISCUSSION & CONCLUSION
・十分なメンテナンスが行われていれば、垂直GBR後のインプラント埋入の長期予後が見込むことが出来る
・歯周病の既往がある患者は骨吸収が大きい傾向にある

TOPIC OF CONCERN
・垂直GBRは何mm位までを目安にされていますでしょうか?
・長期予後はいかがでしょうか?

発表者:松本 卓也 抄録提出日時:平成27年11月24日


豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!

これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来るように」
努力したいと思います。


「まつもと歯科」のホームページはこちら:
予防歯科・インプラント治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科

「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:
目立たない矯正歯科治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科

2017年9月21日

こんにちは。
まつもと歯科院長 松本卓也です。
今月もインプラントに関する歯科論文を抄読いたしましたので掲載いたします。

インプラント-天然歯間のrigid and non-rigidな連結の効果と、生物学的および技工的な合併症について:a systematic review and a meta-analysis Title :The effect of rigid and non-rigid connections between implants and teeth on biological and technical complications: a systematic review and a meta-analysis Author:P Tsaousoglou,K Michalakis,K Kang,H-P Weber,A Sculean Journal:Clin Oral Implants Res.28, 2017 :849-863

PURPOSE
解剖学的制限や金銭的な問題や歯周病に罹患し動揺歯を固定するために天然歯とインプラントの連結固定による補綴物が使用されることがある。
本研究では生存率、技工的、生物学的な合併症の割合を評価した。
MATERIALS AND METHODS
適合基準
・臨床研究でRCT、前向きおよび後ろ向きコホート研究が含まれる
・部分欠損症例で即時負荷でないインプラントと天然歯を連結した症例
・どのような連結方式およびアタッチメントを使用しているかの詳細が記載されている(rigidかrigidでないか)
・最低12か月の診療およびレントゲンデータがある
・生存データ、機能的、補綴的な合併症のデータがある
排除基準
・サファイアインプラント・HAインプラントの使用、義歯の使用

RESULTS

・補綴物の長さ
Short span 198、long span 158
・生存率
インプラント90-100%
支台歯 94.1-100%
補綴物 85-100%
・生物学的合併症
根尖病巣 11.53%、カリエス 5%
歯の圧下 5%、歯根破折 3.84%
ディスインテグレーション 2.34%
歯周病 2.32%、フィステル 1.16%
・技工的な合併症
ポーセレンの咬合面破折 16.6%、スクリューの緩み 15%、補綴の再製 10.52%、唇面の破折 10%、セメント・スクリューの問題 7.98%、咬合面調整・置き換え 5.26%、コネクションの問題
Rigid 5.35% non rigid 35%
CONCLUSION
・天然歯とインプラントの部分的な連結固定をした補綴物はインプラントの連結固定をした補綴物の代替案になる可能性がある。
・連結固定はrigidな方が良い。Rigidでない場合の主な欠点は歯の圧下である。
TOPIC OF CONCERN
・インプラントと天然歯を連結されることはありますでしょうか?

発表者:松本 卓也 抄録提出日時:平成29年9月21日

豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!

これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来るように」
努力したいと思います。


「まつもと歯科」のホームページはこちら:
予防歯科・インプラント治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科

「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:
目立たない矯正歯科治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科


2017年7月28日

こんにちは。
まつもと歯科院長 松本卓也です。

今月もインプラントに関する歯科論文を抄読いたしましたので掲載いたします。

3ユニットジルコニアベース及びメタルボンドのインプラント補綴物の偶発症に関する 8年間の後ろ向きコホート研究 Title ::Hardware complications and failure of three-unit zirconia-based and porcelain-fused-metal implant-supported fixed dental prostheses: a retrospective cohort study with up to 8 years Author:Jun-Yu Shi,Xiao-Meng Zhang*,Shi-Chong Qiao,Shu-Jiao Qian,Jia-Ji Mo ,Hong-Chang Lai Journal:Clin Oral Implants Res.28.2017.571-575

PURPOSE
・ジルコニアベースとメタルボンド(MB)
の主な偶発症はセラミックのチッピングであるが、それを分類した研究は少ない。
本研究ではセラミックのチッピングを分類して研究した。
MATERIALS AND METHODS
・上海第9人民病院で2007/1~2012/8に治療をうけた患者で8年まで(平均4.8年)のデータを取った。
・適応基準
臼歯部インプラントである
8mm以上のインプラント
最低3年のフォローアップ
対合歯は天然歯
ブラキシズムなどのパラファンクションがない
・除外基準
カンチレバー
重度の歯周病
喫煙者(1日10本以上)
・チッピングの分類
Grade1 研磨のみ(2mm2未満)
Grade2 レジン修復
Grade3 再製が必要

RESULTS

DISCUSSION & CONCLUSION
POINT OF CRITICISM
・Grade1のチッピングは優位にジルコニアベースの方が多かった。よってより研磨やメンテナンスが必要かもしれない。
・インプラント埋入本数は脱離以外は影響しない
TOPIC OF CONCERN
皆様の臨床実感も同じでしょうか?
またどれくらいジルコニア単体の補綴を選択されておりますでしょうか?

豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!

これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来るように」
努力したいと思います。


「まつもと歯科」のホームページはこちら:
予防歯科・インプラント治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科

「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:
目立たない矯正歯科治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科

2017年5月26日

こんにちは。
まつもと歯科院長 松本卓也です。
今月もインプラントの歯科論文を抄読いたしましたので掲載いたします。

埋入即時アバットメント装着時の隣接面の骨およびインプラント周囲粘膜における効果の前向きRCT研究 Title :The effect of one-time abutment placement on interproximal bone levels and peri-implant soft tissues: a prospective randomized clinical trial Author:Ana Molina,Ignacio Sanz-Sanchez,Conchita Martın,Juan Blanco,Mariano Sanz Journal:Clin Oral Implants Res.28, 2017 :443-452

PURPOSE
・アバットメントを取り外しすると粘膜のバリアを破壊し、結合組織の付着および骨の根先方向の移動が起こると言われている。そのため今回はインプラント埋入時にアバットメントを装着する群と、ヒーリングアバットメントを装着し補綴時にアバットメントを装着する群に分け、骨や軟組織の状態を観察した。
MATERIALS AND METHODS
・この研究デザインに同意する患者に対してRCT研究を行った。
・インプラントは経験を積んだ2人の歯周病専門医が行った。
・抗生物質の予防投与を行った。・CamlogのConelogのScrew-Lineインプラントで直径は3.8mmか4.3mm,長さは9mm,11mm,13mmを用いた。

RESULTS
・6か月後の観察時のDIB
即時アバットメント -0.61±0.40mm
通常時 -1.24±0.79mm
・12か月後の観察時の歯間乳頭の高さ
即時アバットメント -0.98±0.89mm
通常時 -1.17±1.47mm

CONCLUSION
即時のアバットメントに対して、ヒーリングアバットメントの脱着はインプラント治癒期間の骨吸収に影響する。
TOPIC OF CONCERN
・即時でアバットメントを装着するケースはありますでしょうか?
またその臨床的な感覚はいかがでしょうか?

発表者:松本 卓也 抄録提出日時:平成27年5月26日

豊中市の地域医療に歯科治療という形で微力ながら
貢献できますよう頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!

これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来るように」
努力したいと思います。


「まつもと歯科」のホームページはこちら:
予防歯科・インプラント治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科

「まつもと歯科」の矯正歯科専門ホームページはこちら:
目立たない矯正歯科治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科

2016年4月27日

こんにちは。
豊中・岡町のまつもと歯科院長 松本卓也です。

豊中も最近暖かくなってきましたが皆さまいかがお過ごしでしょうか?

昨年度は水の浄化システム「ポセイドン」を導入したり、
歯科矯正のセファロシステムの導入など安心して歯科治療を受けていただけるように
歯科医院もバージョンアップしております!

4月からもまた良い歯科治療を提供できるよう
スタッフ一同頑張っていこうと思っております!!

また何かあればここで報告したいと思います。

さて先日(といっても3月末ですが・・・)
嵯峨野の竹林の道に行きました。

IMG_1318.JPG

京都は落ち着いた感じで大好きなところです。

竹林は初めて行ったのですがとても美しく、落ち着いた気分になれました。

皆さまもよかったら行ってみてくださいね。

これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来るように」
努力したいと思います。


「まつもと歯科」のホームページはこちら:
矯正歯科・予防歯科・インプラント治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科

2016年2月 6日

こんにちは。
豊中・岡町のまつもと歯科院長 松本卓也です。

歯科の印象は・・・というと大概は
「痛い」「恐い」と言われる方が多いと思います。

でも実際は
「思ったより痛くなかった!」
「恐さがなくなってきた!」
と言われることがほとんどです。

昔に比べると歯科麻酔の針は細くなっていますし
表面麻酔の質、さまざまな痛くない工夫もあり
歯科麻酔は思ったよりも痛くないなというのがほとんどの方の印象かと思います。

ただどうしても痛みが出やすいこともあります。

それは「すでに痛みが出てしまっている歯」です!

「痛み」や「腫れ」があるとどうしても麻酔がききにくく
痛くない歯科治療が難しくなります。

出来るだけ痛くなる前に治療するのが
「痛くない歯科治療」に一番効果的です!!

さらに「予防歯科」によって虫歯や歯周病を防ぐのが
もっとも痛くない歯科治療の第一選択かと思います!!

皆さん三カ月に一度は歯科検診を受け汚れ取りやフッ素をして
歯を大事にしましょう!!

写真.jpg


これからも
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来るように」
努力したいと思います。


「まつもと歯科」のホームページはこちら:
矯正歯科・予防歯科・インプラント治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科

2015年12月17日

こんにちは。
豊中・岡町のまつもと歯科院長 松本卓也です。

豊中もかなり寒くなってまいりましたが皆様体調いかがでしょうか?

今回は当歯科医院のレントゲン設備に変化があったのでその報告をしようと思います。

当歯科医院はもともとフィンランドのプランメカ製の最新のCT機器を導入していたのですが
今まで別々だったパノラマ撮影や新たにセファロ撮影が出来るようにグレードアップ
いたしました!

このレントゲン機器のすごいところは何より画像が綺麗ということです!

写真を撮って診断する際に画像が綺麗でないと細かい部分がわからず
診断ミスをする可能性が出て来ます。

より精度の高い画像が撮れることで、より安心して歯科治療をうけて頂くことが
出来るようになりました!

レントゲン室も一つに歯科機器がまとまりすっきりしました。

image1.jpg

このようにフォルムも格好良く気に入っています!

さらに矯正歯科治療で重要なセファロ写真が撮影可能となりました。
今まで外部で撮影していただいていたので便利になると思います!

図1.jpg

これからはますます安心して矯正歯科治療が受けていただけるようになると思います。


岡町駅から豊中市役所までの商店街もライトアップされ
医院もツリーやサンタ、雪だるまが出てクリスマスムード一色です!

豊中ではありませんが中之島でプロジェクションマッピングをしていました。
今の技術はすごい!

image (9.jpg

建物にこんな綺麗にさまざまな画が映し出され感動しました!!


今後も
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来るように」
努力したいと思います。

では皆様
一日頑張っていきましょう!!


「まつもと歯科」のホームページはこちら:
矯正歯科・予防歯科・インプラント治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科

2015年9月25日

こんにちは。
豊中・岡町のまつもと歯科院長 松本卓也です。

本日は虫歯の予防歯科に関してお話ししたいと思います。
フッ素が虫歯の予防歯科に効果的なのは皆さんご存知だと思います。

今日はその効果を詳しく書きたいと思います。

フッ素は子どもだけではなく、大人のむし歯予防歯科に効果的です!
フッ素は虫歯予防歯科だけでなく初期虫歯の歯科治療にも使うことができます!

まずはフッ素がなぜ虫歯予防歯科に効果的なのか?
・初期虫歯を治す
フッ素によって再石灰化が促進され初期虫歯が治っていきます。
・歯の強化
フッ素は歯の表面のエナメル質の成分と結びついてフルオロアパタイトを生成します。
より虫歯菌の生成する酸に強くなります。
・虫歯菌の活動を抑える
フッ素は虫歯菌の活動を抑えます。

この3つがフッ素が虫歯予防歯科に効果的である理由です。

ではどのようにすればフッ素が歯に効果的に働くのでしょうか?

1.濃度の高いフッ素を定期的に歯科医院で塗布する
2.毎日歯磨き後にフッ素ジェルを使用する

ことが大事になってきます。

歯磨き後のフッ素のジェルは効果的です!
ジェルは唾液に洗い流されず、お口の中に長く残るのでより効果的です!!

当院では3DSという治療法も行っております。
これは歯磨きした後、トレーにフッ素ジェルを入れるというものです。
これにより初期の虫歯であれば改善されますし、歯周病の予防にもなります。

フッ素.jpg

定期検診で初期の虫歯を見つけてこの処置をすれば
歯を削らずに様子を見ることが出来ます!!

歯を削るのが嫌な方、痛いのが嫌な方は早期の歯科検診がお勧めですよ。
痛くないのが一番です!!

今後も
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来るように」
努力したいと思います。

では皆様
一日頑張っていきましょう!!


「まつもと歯科」のホームページはこちら:
矯正歯科・予防歯科・インプラント治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科


2015年8月28日

こんにちは。
豊中・岡町のまつもと歯科院長 松本卓也です。

前回に引き続き今回も歯周病歯科治療について書いていきますね。

歯周病の原因は何でしょうか?
答えはプラークです!
つまようじの先で歯面をこすると、白いのり状のものがくっついてきます。
それがプラークなんです!

プラーク.jpg


プラークは細菌の塊で、歯磨きを怠ったり、
砂糖を取りすぎたりすると異常に増殖します。  
プラークは毒素を産出し、歯周組織に炎症をおこし、歯周病になります。

その他の悪化させる要因として次のようなものがあります。

①歯石
プラークが石灰化した状態が歯石で、歯石はプラークを歯につきやすくします。
歯石はプラークと異なり歯磨きでは取ることが出来ないので歯科医院で除去します。

歯石.jpg

  
②歯ぎしりやくいしばり
歯に無理な力が持続的にかかると、
歯を支えている骨に影響を与え、歯周病の進行を早めます。

歯ぎしり.jpg

③口呼吸         
口の中を乾燥させる口呼吸は、歯周組織の
抵抗性を弱め、歯周病の原因となります。

口呼吸.jpg

④たばこ
タバコを吸うと末梢血管が収縮して血行が悪くなり、
歯周組織の活性を弱め歯周病の治癒を妨げます。

喫煙.jpg

その他の歯周病の原因として糖尿病などの全身疾患やストレスなどが
あげられます。

ストレス.jpg

歯周病は怖い病気ですが、予防歯科が重要です!
生活習慣の見直し含め頑張っていきましょう!!

今後も
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来るように」
努力したいと思います。

では皆様
一日頑張っていきましょう!!


「まつもと歯科」のホームページはこちら:
矯正歯科・予防歯科・インプラント治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科


2015年8月22日

こんにちは。
豊中・岡町のまつもと歯科院長 松本卓也です。

今回は歯周病歯科治療についてお話ししようと思います。

歯周病歯科治療とは何でしょうか?
まず、歯はあごの骨と歯ぐき(歯肉)に支えられています。
あごの骨と歯肉に炎症が起こるのが歯周病です。

ペリオ.jpg

歯と歯肉との境には歯肉溝という溝があります。
健康な歯肉ではその深さは2~3㎜の深さです。

歯周病になると...
歯石やプラークが付いて歯肉が赤く腫れたり、骨がなくなります。
      
プラークと歯石がついているので歯肉が炎症を起こして赤く腫れ、
歯肉の炎症が強くなるとブラッシングで出血したり、痛みがでます。
さらに骨にまで炎症が進むと歯を支える骨が吸収されてしまいます。

さらに骨吸収が進むと歯を支える骨がなくなってしまうので歯が揺れてきて、
最終的には抜けてしまします!!

-326_674.JPG

最初になるのは歯肉炎という状態です。

・プラークや歯石が少し付いています
・歯の境目の歯肉が少し赤く腫れています
・レントゲン写真では歯の周りに白く見える歯の周りの骨がまだ吸収されていません


-326_676.JPG

これが進行して歯周病になります。

・歯石が歯肉の中に付いています
・歯肉が赤く腫れています
・レントゲン写真では歯の周りの骨がかなり吸収されているのがわかります


-326_675.JPG

さらに進行して重度の歯周病です。

・歯石が歯肉の中にかなり付いています
・歯肉が赤く腫れています
・歯肉がやせてしまっていて、歯の根の部分が見えています
・レントゲン写真では歯の周りの骨がほとんど吸収されてしまっているのがわかります

こうなるとほぼ抜歯という状態になってしまいます!!


歯を失う上で最も怖いのは歯周病で、
虫歯と違いたくさんの歯を一度に失う可能性があります!

歯を支える骨は皆様の財産ですが、残念なことに減る一方で、
増えることはありません。

歯周病の予防に欠かせないのは定期的なチェックと歯石取りです。
ほんの数ヶ月でも細かい歯石が付着し、それが歯周病の原因となります。
皆さんの「骨の貯金」を減らさないよう定期的な歯石取りを行いましょう!!

今後も
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来るように」
努力したいと思います。

では皆様
一日頑張っていきましょう!!


「まつもと歯科」のホームページはこちら:
矯正歯科・予防歯科・インプラント治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科


2015年7月24日

こんにちは。
豊中・岡町のまつもと歯科院長 松本卓也です。

「最近の子供は顎が小さく、歯が並びきらずにガタガタした
歯並びになっている」
個人的には僕が子供だった頃。
30年くらい前から同じことが言われている気がします。

何ならもっと前から同じ事が言われてたのかな・・・

何が言いたいかというといつの時代も親は子供の歯並びが
気になるのかなということです。

無題3.jpg

無題2.jpg

では歯並びが良くないとどんな悪い事があるか?

1、見た目の問題
2、かみ合わせの問題
3、清掃性の問題
4、口呼吸、偏咀嚼などの悪習癖の問題

があると思います。

1、見た目の問題
口元がきれいな人は清潔感があり、上品に見えます。
おそらく一番皆様が気になるのはここだと思います。

2、かみ合わせの問題
3、清掃性の問題
これらが良くないと虫歯や歯周病のリスクが高くなり
歯を失う可能性が高くなります。

4、口呼吸、偏咀嚼などの悪習癖の問題
これらがよくないと骨格含め色々な問題が出やすくなります。
風邪をひきやすくなったり、睡眠時無呼吸症候群のリスクも高まります。

かといって歯を抜くのは嫌だな・・・
と思われる方も多いと思いますし
僕個人としても出来ればその方が良いかと思います。

その場合有効なのが成長期における顎の拡大です。
上顎は正中口蓋縫合といって骨の割れ目があります。

無題.jpg

これは成長とともにくっついて塞がってしまうのですが
成長期はこれを歯科器具を使用して広げることが可能です。

IMG_1042.JPG

IMG_1043.JPG


このような歯科器具を用い顎を横に広げていけます!
これにより顎が小さくても歯を抜かずに歯を並べれる可能性が
上がるのです!!

成長期が過ぎると難しいので、小さいお子様がいる方は是非参考にして下さい。

今日もとても暑いです・・・
体調は大丈夫でしょうか?

今日も
「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来るように」
努力したいと思います。

では皆様
一日頑張っていきましょう!!


「まつもと歯科」のホームページはこちら:
矯正歯科・予防歯科・インプラント治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科

2015年6月27日

こんにちは。
豊中・岡町のまつもと歯科院長 松本卓也です。

暑い季節になってまいりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?

昨日診療終わりに歯科論文の抄読会に参加してきました。

大阪大学院時代は歯科論文を読む機会が多かったのですが
最近ほとんど読まなくなっていましたので
すごく楽しかったです!

最新の情報に触れるには歯科論文を読むのが最適かと思います。
正直歯科論文の質も色々あるのですが
選んできちんと読み込めば参考になることがたくさんあります。

「EBM」という言葉は言われて久しいですが
いかに根拠に基づいて治療するかというのは大事なことなので
日々勉強していきたいと思います!!

昔みたいにまた歯科論文を出せたらいいなあ・・・


論文2.jpg

大阪大学院時代の歯科論文です。

懐かしい!

今後も歯科診療後に抄読会に参加したいですが
歯科診療後に豊中から大阪市内の方へ移動しての勉強はなかなか
大変そうです。
頑張ろう!!

「大阪の豊中・岡町でよりレベルの高い歯科治療を提供出来るように」
を目指して努力したいと思います。

では皆様
今日も一日頑張っていきましょう!!


「まつもと歯科」のホームページはこちら:
矯正歯科・予防歯科・インプラント治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科

2015年4月28日

こんにちは。
豊中・岡町のまつもと歯科院長 松本卓也です。

今回は予防歯科についてお話ししたいと思います。
歯科における予防とは一般的には「虫歯」と「歯周病」の予防になります。
「虫歯」がひどくなると最終的には抜歯になりますし
「歯周病」も重度になるとグラグラになり抜歯になります。

もし、ご自身の歯で生涯噛みたいと思われるのであれば
予防歯科が大事になります。

では予防歯科では何をするのか??

1、歯ブラシのチェック
2、プラーク・歯石の除去
3、PMTC(バイオフィルムの除去)
4、フッ素塗布

となります。

1、歯ブラシのチェック
予防で最も大事なのは毎日の歯ブラシです。これが不十分だと歯や歯茎が
どんどん衰えていきます。まずはブラッシング状態をチェックいたします。
2、プラーク・歯石の除去
毎日歯ブラシを頑張っていただいても汚れの取り残しや、歯石の付着が
起こります。これを除去することで虫歯や歯周病の予防になります。
3、PMTC(バイオフィルムの除去)
歯の表面にある細菌層の除去、着色の除去を行います。
4、フッ素塗布
虫歯の予防のため、歯の表面を強化するフッ素を塗布します。


以上がまつもと歯科のメンテナンスの流れになります。


yobou.jpg


このようにリンデなど著名な歯科医師の論文でも定期的なメンテナンスが
歯の健康維持に重要なことが報告されています。
まつもと歯科では1~3ヶ月毎のメンテナンスを推奨しております。
皆様是非歯を大事にして下さい!!


最近豊中の美味しいお店を開拓しようかと思っております。
豊中には美味しそうなお店が多そうなので
色々チェックしてみたいです。


では皆様
今日も一日頑張っていきましょう!!


「まつもと歯科」のホームページはこちら:
矯正歯科・予防歯科・インプラント治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科


2015年2月26日

こんにちは。
豊中・岡町のまつもと歯科院長 松本卓也です。

今回は前回の神経の歯科処置が終わった後の話をしたいと思います。

根の歯科治療は終了したら
次は根の歯科治療で弱った歯の中に土台を入れて、歯の強度と大きさを回復します。
その上で、被せるために歯のまわりを削って型をとります。

修正2.JPG


このような形で歯を補強し、形を整えて被せ物を作製していきます。
この際問題になるのは

1、神経を取った歯は薄くなり弱っている
2、保険の治療では土台が金属の硬い土台になる

という点です。

歯根破折.jpg

上記のように根の治療をした歯は弱っているため、
大きな力がかかると歯がわれてしまうおそれがあります。
金属の土台を使用した場合、歯に比べて金属は硬いため、
物を噛んだ時に歯にくさびの作用で力がかかり割れてしまうことがあります。
これを「歯根破折」といい、こうなると抜歯が必要になります。

歯に負担をかけないためには「歯と同程度の硬さ」というのが重要となります。


-326_839.jpg

そこで使用するのが「ファイバーポスト」というものです。

これは「ファイバー」を樹脂で固めたもので
歯と同程度の硬さを有するため歯に負担をかけにくいという特徴があります。

神経を取った歯は弱っていますので
こういう歯に優しい素材がお勧めです!

また、神経を取った歯は次虫歯になるともともと歯が残っていないので
抜歯になることもあります。

できるだけ「セラミック」など精密な歯科治療が歯の為には良いです。


また、被せをいれる途中で放っておきますと、
歯の中が空洞になっているため、歯が割れたり、虫歯になって、
ひどい場合は抜歯になることがありますので、
必ず指定した日時にご来院下さいね。


では皆様今日も一日頑張っていきましょう。

「まつもと歯科」のホームページはこちら:
矯正歯科・予防歯科・インプラント治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科

2015年2月10日

こんにちは。
豊中・岡町のまつもと歯科院長 松本卓也です。

前回は歯の神経を残すためにどうするかというお話を書きました。
今回は歯の神経を取らないとだめな場合のお話しです。

-326_691 (2).JPG

C3という状態になると基本的には神経を取らないといけません。
いわゆる「虫歯が神経までいってしまった」状態です。
こうなると強い痛みが出ることもあります。

-326_185.jpg

歯科処置としては「抜髄」というものになり、
やすりの様な細い器具で神経をとって歯の中の感染物を除去していきます。

歯の中が綺麗になればお薬を詰めて、土台をたて
被せ物を作製していきます。

この際も出来ればマイクロスコープなどの歯科用顕微鏡を用いてチェックすることで
より安全で予後の良い歯科治療が可能となります。

また歯科治療中は下記のような症状が出ることがありますが、
ほとんどの場合、数日で快方に向かいます。

①歯が浮いたような感じがする
②物をかむと痛い
③何もしていなくても痛みが出る

などです。

また一時的に症状が治まっても、最後まできっちりと歯科治療を完了しないと再び悪化して最終的には歯を抜かなければならない状態になりますので、必ず指定した日時にご来院して下さい。

根っこの治療で放置は絶対にやめましょうね。

また、歯はかなり弱っており、次虫歯になると抜歯の可能性が高いです。
出来るだけ歯を長持ちさせる精密な歯科治療がおすすめですよ。

ちょっと当分色々な歯科治療に関することを書いていこうと思います。

豊中は今日も寒いですが
負けずに頑張っていきましょう!


「まつもと歯科」のホームページはこちら:
矯正歯科・予防歯科・インプラント治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科

2015年1月27日

こんにちは。
豊中・岡町のまつもと歯科院長 松本卓也です。

今日は前回の続きを書こうと思います。

前回はC1、C2の話をしましたが、C3やC4とはどのような状態でしょうか?

-326_691 (2).JPG

このようにC3は虫歯が神経に達している状態で、
C4になると虫歯がさらに進んで歯が崩壊し、根っこが腐って駄目になっています。

C3では神経を取る治療、C4では抜歯が一般的な治療なります。
つまりC4になると歯がなくなるので、ここが踏ん張りどころです。

神経を取る処置は時間がかかりますがきちんと最後まで治療しましょう!
途中で中断すると中から虫歯が進み、C4に進む可能性が高いです!!


-326_691 (3).JPG


神経を取った後は右側の絵のようにお薬をつめて、被せ物にしていきます。
C3の歯はこのような治療経過をたどるのが一般的です。

次に、左側の絵では何をしているかというと覆髄
という処置になります。
これは虫歯を取った際に神経がちょっとだけ出たという場合に行います。

この処置は神経を残せるという意味でとても有益です!!
もちろん、大きく虫歯が神経を侵している場合はできません。

この際「まつもと歯科」で使用するのが「セラカルLC」というお薬です。


serakaruLC.jpg

これは近年開発されたお薬で、神経の保護に有効なことがわかっております。

「まつもと歯科」では神経をすごく大切なものと考えており
出来る限り保存に努めようと最新の歯科のお薬も導入しております!!

安心して歯科治療をお受け下さいね。


では皆様
今日も一日頑張っていきましょう。


「まつもと歯科」のホームページはこちら:
矯正歯科・予防歯科・インプラント治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科

2015年1月23日

こんにちは。
豊中・岡町のまつもと歯科院長 松本卓也です。

今回は歯の神経について書きたいと思います。
歯には神経があり、その中には血管が走っています。

血管があるということは血が通っているということで・・・
歯は生きているのです!!

逆に言うと神経を取ってしまうと
歯が死んだのと同じです。

歯は死ぬと脆く、弱くなりますので、
きちんと歯科処置しないと長持ちしません。

ということは、まず大事なのは歯の神経をとらずに済むように
歯を大事にすることです!!

そのために大事なのは
1、毎日の歯磨き
2、歯医者で虫歯をしっかり治す
3、歯医者でメンテナンスを受ける

の3つです。

虫歯にならないように歯を磨く!!
一度治した歯がもう一度虫歯にならないように精密な歯科治療をする!!
メンテナンスで歯を清潔に保ち、虫歯を早期発見する!!

これが大事です。

歯医者に行くのが苦手・・・
という方はなおさらメンテナンスは頑張るべきです。
何でも早く治す方が早く、痛くなく治ります!!

いわゆるC1、C2で治すのが一番です。

-326_691.JPG

神経を残す方が間違いなく歯は長持ちします。
神経まで虫歯が行く前に歯医者で治しましょうね!
小さい虫歯の方が痛くなく治療が可能です!

では皆様今日も一日頑張っていきましょう。

「まつもと歯科」のホームページはこちら:
矯正歯科・予防歯科・インプラント治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科

2014年12月19日

こんにちは。
豊中・岡町のまつもと歯科院長 松本卓也です。

今回は矯正歯科治療についてです。
矯正歯科治療の前後の写真はHPにも載っております。

今回はどのように動くかを紹介したいと思います(^o^)

まず最初の状態・・・
ちなみにこれは前から4番目の歯を抜いた状態です。


image (3).jpgimage.jpgimage (1).jpg


がたがたです(;゚Д゚i|!)

これをまず犬歯を後ろに引き、二番目の歯を前に出します。

すると・・・


image (2).jpgimage (4).jpg

前歯がある程度綺麗になりましたねヽ(≧∀≦)ノ
だけどまだまだ隙間があります。

これを閉めていくと・・・


image (6).jpg


綺麗に並びました~ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

こんな感じで矯正歯科治療は進めていきます。
ちなみに当歯科医院では目立ちにくいマウスピース矯正歯科治療も行っております!

矯正歯科治療は歯をほとんど削らずに見た目や噛み合わせを変える事ができる
すごく歯に優しい歯科治療法です。

見た目や噛み合わせに不満がある方は是非ご相談くださいね!!


では皆様
今日も一日頑張っていきましょう。

「まつもと歯科」のホームページはこちら:
予防歯科・矯正歯科・インプラント治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科


2013年6月30日

こんにちは。
豊中・岡町のまつもと歯科院長 松本卓也です。

最近自分自身に知覚過敏の症状が出ました
歯が痛くなること自体あまり記憶がないので
(一日三回歯磨きをしっかりし、フロスも通し
毎日頑張ってケアしています!!)
ちょっとびっくりしました

治療としては医院で使用する
シミ止めの薬を使用し、
また医院で良くサンプルでお渡しする歯磨き粉
を使用することで改善しました

知覚過敏は歯ぎしりとも関連してまして
おそらくちょっと最近忙しくてストレスもあったのか
噛みしめ気味だったようです
そういう時にはマウスピースも重要です。

過信せずにもっとケアしなければ!
自分の目標は神経を取らずにずっと自分の歯を
一生もたすことです
患者様にも良くお伝えしますが絶対に入れ歯にならない
ように、僕自身も頑張っております。
皆様も頑張って予防歯科をしていきましょう!
歯科医院の方でも定期チェックでお手伝いいたします

さて話は変わりますが最近アマゾンで
遅まきながら本を購入し始めまして
ドンドンお勧めされるのでついつい購入してしまいます。

頑張って読んでいるのですが
ちょっと溜まってきました

20130630.jpg

頑張って読まないと・・・

では皆様
今日も一日頑張っていきましょう!!


「まつもと歯科」のホームページはこちら:
矯正歯科・予防歯科・インプラント治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科

2013年2月24日

こんにちは。

豊中・岡町のまつもと歯科院長 松本卓也です。


今日は二度目の東京でのSJCDの研修会帰りです
歯科の臨床本を何冊も書いておられる先生方に
直接教えていただけるとても充実した2日間でした!!


毎月一回東京の方に土日と行くかたちになり
皆様にはご迷惑をおかけしますが
その分毎日の診療をより高度なものにしていけるよう
努力してまいりますのでご容赦下さい

しかし今回は東京マラソンのせいか
ホテルがどこもいっぱいでした・・・


さて医院の方ですが今回オペを行っている部屋を
改装いたしました!!

マイクロスコープという歯科用顕微鏡を導入し
より精密な治療が行えるようになります
肉眼では見えない細かい部分が拡大して見えるので
インプラントやセラミック治療などがより精密で
永くもつものが出来るようになります

20130224.jpg

この左側の大きいものがマイクロスコープという
最新式の歯科用顕微鏡です。

より痛くなく、長く持つ治療が可能です。

また研修会の内容やマイクロスコープについて
報告させてもらいますね


では皆様
今日も一日頑張って行きましょう!!

「まつもと歯科」のホームページはこちら:
予防歯科・矯正・インプラント治療なら大阪府豊中市岡町の歯科・歯医者のまつもと歯科

歯科に関する事
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

まつもと歯科 院長 歯学博士 松本卓也 まつもと歯科
http://matsumoto-dentalclinic.jp/
院長 歯学博士 松本卓也

【経歴】
2004年 大阪大学歯学部卒業
2004年 かい矯正歯科インプラントセンター 勤務
2007年 大阪大学歯学部大学院 顎口腔機能再建学講座入学
2009年 医療法人かい歯科退職
2009年 大阪デンタルクリニック、医療法人たんぽぽ会 非常勤勤務
2009年 まつもと歯科開院
2011年 大阪大学歯学部大学院 顎口腔機能再建学講座卒業

【所属学会】
AAA審美・インプラント会
大阪大学顎口腔機能再建学講座
日本歯科審美学会
日本歯科理工学会