妥協を許さない姿勢が信頼につながる

当院の患者様は気さくな方が多く、時々みかんやお菓子を持ってきてくださる方もいらっしゃいます。私は、どんな患者様に対しても妥協を許さない治療を心がけていますので、そんな治療への姿勢が信頼につながっているのだと思うと感謝の念に堪えません。

ベストな治療をするために、患者様のご要望と違った提案することもあります院長あいさつ
患者様とのコミュニケーションを大切にしていますので、治療計画を提案すると、ほとんどの方が同意してくださり、治療をスムーズに進めることができます。

まれに、抜歯が必要なときに、抜かないでほしいとおっしゃる方がいます。お気持ちは理解できますが、残しておくことでむし歯や歯周病が悪化するのであれば、抜歯を提案せざるを得ません。再度状態を説明し、それでも了承していただけない場合は、リスクをご説明した上で、できるだけ残す治療をいたします。

優しいDrと言われるより、厳しくてもプロとしてのDrでありたい
私は、患者様のご要望をすべて聞き入れることは、本当の優しさではないと考えています。本当の優しさとは、患者様のことを考えた最高の治療を行うこと。そういう面から考えると、私は治療に妥協したくありませんので、不可能なことははっきりとできないとお伝えします。患者様にとっては厳しい歯科医師なのかもしれませんが「厳しいけれど信頼できる先生」でありたいと思っています。技術・知識で評価される、厳しいけれどもプロとしてのドクターを目指していますので、本気で歯を大切にしたい方は、どうぞご相談ください。

まずは、お悩みをご相談ください

治療に関する疑問・不安、治療内容について、まずはお気軽にご相談ください。