大学院時代はジルコニアを研究

院長あいさつ大阪大学歯学部大学院時代は、顎口腔機能再建学講座でジルコニアを使った骨再生についての研究をしました。人工ダイヤモンドとして知られるジルコニアは、審美性・耐久性に優れ、人工歯の素材として使われます。また、人体に馴染みやすく、体にやさしい素材として人工関節でも使用されています。

大学院では、細胞実験や動物実験などを繰り返しながら接合具合を観察し、ジルコニアの優れた性質を一つひとつ確認していきました。当院では、オールセラミックスやジルコニアなど、さまざまな特徴を持つ人工歯を扱っています。研究をとおして各特徴を把握してきましたので、患者様のご要望に合った素材を、自信を持ってご提案しています。

まずは、お悩みをご相談ください

治療に関する疑問・不安、治療内容について、まずはお気軽にご相談ください。