自費治療と保険治療の違い

【自費と保険の違い1】治療費
自費治療
保険が適用できず、治療費が全額自己負担となります。使用する材質や治療方法などによって費用が変動するため、同じ治療方法でも医療機関ごとに治療費が異なります。
※マイクロスコープを使った高度な精密治療は自費治療になります。
保険治療
健康保険が適用され、治療費の3割または1割負担で済みます。保険治療では材質や治療方法が定められているため、同一の治療方法であれば、全国どこの医療機関でも費用は同じです。

【自費と保険の違い2】使用する材質
自費治療
使用する材質に制限がありません。セラミックスやジルコニアなど審美性・耐久性・適合性に優れた良質な素材が多く、治療目的に応じて選ぶことができます。審美歯科治療やワンランク上の入れ歯を作るときは、自費治療で対応します。また、自費治療で作る補綴物は汚れや細菌が付きにくく適合性に優れていますので、噛み合う歯に負担がかからず、全体の歯を長持ちさせることができます。
保険治療
使用する材質が定められているため、奥歯は銀色の詰め物や被せ物、前歯は表面だけを白くした前装冠を使用します。金属を使っているため、金属アレルギーを引き起こすことがあります。

【自費と保険の違い3】石こう模型と印象材
自費治療自費と保険の違い
1.型を取る前の処置の違い
・個人トレーの製作(必要に応じて)
お口の形は患者様ごとに異なりますので、一人ひとりに合わせてオーダーメイドの型枠を製作いたします
・歯肉圧排
歯と歯ぐきの隙間に糸を入れていく処置で、土台との境界を明確にするために行います。
2.型を取る材料および石こうの違い
精度が高く変形のないシリコンの印象材を用い、また固く精巧な超硬石こうを使用し、歯を完璧に再現した石こう模型を製作します。
このように手間をかけ、最高の材料を使用することで、隙間のないぴったり合う補綴物や入れ歯が仕上がり、むし歯や歯周病の原因となる汚れが付きにくく、歯を長持ちさせることができます。
保険治療
主に寒天系の印象材が使われます。水分を多く含んでいるため乾燥すると収縮し、精度が下がります。補綴物と歯肉との間にできた隙間から、むし歯や歯周病に感染する恐れがあります。

まずは、お悩みをご相談ください

治療に関する疑問・不安、治療内容について、まずはお気軽にご相談ください。