経験豊富な院長が親知らずを抜歯します

口腔外科

親知らずが痛くてかかりつけの歯科医院に行っても「骨の中に埋まっているので、うちでは抜歯ができません」と断られた経験がありませんか。

親知らずは、根が横に生えていたり、あごの中に埋まっていたりすることが多く、抜歯をするときに、まれに血管や神経を傷つけてしまう恐れがあります。複雑に生えている親知らずの抜歯は特に難しく、大学病院や症例経験が豊富な歯科医師、口腔外科を得意とするドクターに紹介するケースがほとんどです。

当院の院長は経験が豊富で、勤務医時代には数多くの親知らずの抜歯をし、安全かつ的確に処置してきました。当院でも親知らずの抜歯を行っていますので、他院では処置が難しいと断られた方は、一度ご相談ください。

抜歯後はお口の中を総合的に管理します親知らずの抜歯
口腔外科は、あまり馴染みがない方も多いかもしれませんが、一番多い症例が親知らずの抜歯です。根が横に生えていたり歯肉の下に埋まっていたりする複雑な親知らずは、口腔外科の経験がなければ処置できません。

院長は、親知らずの抜歯の豊富な経験を持ちます。抜歯後もお口の中全体を総合的に管理しますので、むし歯や歯周病なども一緒に治療できます。総合的な管理でお口全体の健康を守りますので、抜歯後も安心です。なお難症例については、大阪大学歯学部口腔外科をご紹介しております。

まずは、お悩みをご相談ください

治療に関する疑問・不安、治療内容について、まずはお気軽にご相談ください。