当院の歯周病治療メニュー

【スケーリング】歯肉炎のうちに治療歯周病治療メニュー
スケーリングとは、歯根の表面の歯垢・歯石などを除去し、表面を滑らかにする治療方法です。歯石の表面はザラザラしているためプラークが付着しやすく、一度汚れが付くと落ちにくくなります。スケーリングではプラークを取り除いて歯周病を改善し、プラークが付きにくい状態にします。歯石は一度除去しても再形成しますので、定期的に歯科医院でケアしてもらうことが必要です。

【歯周ポケット掻爬(そうは)術】深い歯周ポケットを浅くする
歯肉に麻酔をして、歯周ポケットの中の歯垢や歯石を除去する手術です。深い歯周ポケットを浅くすることによって、プラークが溜まりにくい環境を作る方法なので、歯周ポケットの深さが3~5mm程度の比較的軽症の場合に行います。

【フラップ法(Fop)】奥深くに隠れたプラークを取り除く
歯肉(歯ぐき)を切開して歯槽骨から剥離し、露出した歯根のプラークや歯石を除去します。また、必要に応じて、歯槽骨の清掃やダメージを受けた歯肉組織の除去なども行い、歯肉を元の状態に戻します。

【GBR法(骨再生誘導法)】
重度の歯周病によって破壊された歯槽骨や歯根膜を再生させる手術です。歯槽骨や歯根膜が回復するまで歯肉が入らないように、メンブレンと呼ばれる人工膜でスペースを確保し、歯周組織の再生を行います。

【エムドゲイン】
歯周病によって破壊された歯周組織にエムドゲインゲルと呼ばれる特殊な薬剤を歯根の部分に塗布し、縫合することで、歯肉を再生することが可能となります。

まずは、お悩みをご相談ください

治療に関する疑問・不安、治療内容について、まずはお気軽にご相談ください。