歯を失ったときの治療法

歯を失ったときの治療方法には「インプラント」「ブリッジ」「入れ歯」の3種類があります。それぞれに特徴があり、全額自己負担となる自費治療と、保険の範囲でできる保険治療があります。

治療法 入れ歯
入れ歯
ブリッジ
ブリッジ
インプラント
インプラント
治療内容 取り外しができる人工歯で、残っている歯に針金をかけて固定させる方法 失った歯の両隣を土台として削り、そこに橋を渡すようにして連結した人工歯を被せる治療法 あごの骨に人工歯根を移植し、その上から人工歯を被せる治療法
メリット 短期間で治療が終わり、歯を削る量も比較的少なくてすむ。 安定感があり、違和感が少なく、しっかり噛むことができる。 違和感がほとんどなく、天然の歯と同じように食べ物をしっかり噛んで食べることができる。ほかの歯を削る必要がなく、健康な歯に負担をかけることがない。
デメリット 安定性に欠けるため違和感が大きく、ズレやガタツキやすく、外れたり噛みにくかったりすることが多い。 両隣を大きく削る必要があるので、支えとなる歯や歯ぐきに負担がかかったり、傷みやすかったりする。 治療には手術が伴うため、治療期間が長くかかる。自費治療のため治療費が高額になる。

まずは、お悩みをご相談ください

治療に関する疑問・不安、治療内容について、まずはお気軽にご相談ください。