信頼関係を守るために正直に話します

小児歯科小児歯科治療では、お子様との信頼関係が大切です。ちょっとした言葉の行き違いが原因で、歯医者さん嫌いにさせてしまうことも少なくありません。当院の院長は、お子様にウソはつきません。痛くなりそうなときは、必ず治療を始める前に「大丈夫だと思うけど、痛くなるかもしれないよ」ときちんと伝えます。すると多くのお子様は「頑張るよ」と言って処置を受けてくれます。「頑張れない」というときは、決して無理をさせません。そのままお帰りいただき、改めて後日来院していただきます。

頑張った子には消しゴムをプレゼント
治療を終えたお子様には、嫌な思いをして帰ってもらいたくありません。最後まで頑張ったご褒美として、消しゴムをプレゼントしています。「頑張ったね」と言ってあげると、どのお子様も嬉しそうな顔をして受け取ります。通院する楽しみが増えれば、歯医者さん嫌いになりません。お子様が笑顔で通院できる歯科医院ですので、歯のトラブルがありましたら何でもご相談ください。

まずは、お悩みをご相談ください

治療に関する疑問・不安、治療内容について、まずはお気軽にご相談ください。