ご家族の愛情がむし歯ゼロに

お子様のむし歯は、ご家族の気配りがあれば、ある程度コントロールできます。まずは歯ブラシの持ち方や動かし方を教えて、歯磨き習慣を身に着けさせましょう。小さなお子様は動きがぎこちなくて磨き残しができてしまいますので、磨き終わったらご家族がチェックし、仕上げ磨きも忘れずにしてください。

親と子のコミュニケーションを深める仕上げ磨き小児歯科
ほとんどのご家庭では、小学校に入学するとお子様に歯磨きを任せっきりにしてしまいます。乳歯から永久歯に生え変わるこの時期にしっかりコントロールすることで、大人になってからもむし歯や歯周病になりにくい環境を整えることができます。ご家族の負担が増えますが、小学校を卒業するまでは仕上げ磨きをしてあげてください。

また、小学校3年生ぐらいからお子様の自立が始まり、時には嫌がることもあるかもしれませ。しかし親子のコミュニケーションを深めるきっかけにもなりますので、お子様に負担がかからない程度に心がけてほしいと思います。

お子様がむし歯になった理由を考えてみませんか
お子様が痛みを訴えて治療に来られることがありますが、その前に、なぜむし歯になってしまったのかを考えてみませんか。お子様は、大人のように自分をコントロールすることができません。甘いお菓子を欲しがったり歯磨きを嫌がったりします。だからといってお子様の言うとおりにしていたら、あっという間にむし歯だらけになってしまいます。お子様の歯を守るのは、ご両親の努めです。ご家族の深い愛情で上手に誘導して、むし歯知らずのお子様に育てましょう。

まずは、お悩みをご相談ください

治療に関する疑問・不安、治療内容について、まずはお気軽にご相談ください。