歯を削る・削らないについて

歯を削る・削らないについて歯は、治療を繰り返すたびに削る量が増えていき、やがては抜歯となってしまいます。ご自分の歯を残すためには、できるだけ削る量を抑え、再治療を繰り返さないことが基本です。当院でも、歯をできるだけ削らない治療を心がけていますが、状態によってはやむを得ず大きく削ることがあります。

少しでもむし歯が残っていれば、そこから感染が広がり、再治療が必要となります。それを避けるには、悪い部分をしっかり削って完全に取り除くことが必要です。もちろん、患者様に歯の状態や治療方法をきちんと説明し、同意をいただいた上で処置します。それでも納得されない場合には、無理に歯を削ることはありません

なお、歯を大きく削っても、最新医療設備を駆使した高水準な治療を行っていますので、結果的には歯を長持ちさせることにつながります

まずは、お悩みをご相談ください

治療に関する疑問・不安、治療内容について、まずはお気軽にご相談ください。