小児歯科

小児歯科・小児矯正情報サイト

小児歯科

「歯科医院に行ったら、嫌がる子を無理やり治療された」
「むし歯ができても、歯医者さんが怖くて行けない」

あなたのお子様にもこんな経験がありませんか。嫌がるお子様を無理に治療しても、歯医者さん嫌いにさせてしまうばかりか、心にトラウマを残してしまいます。まずは診察室に慣れることが先決だと考えていますので、当院ではいきなりお子様の治療を始めることはいたしません。

歯科医院に慣れる練習から始めます

小児歯科歯科医院が初めてのお子様は、診察室に入ると不安になったり戸惑ったりしています。当院では、嫌がるお子様を無理やり押さえつけて治療することはありません。どうぞご安心ください。まずは、歯磨きの練習や薬を塗り、お口を開けられるようになってから治療を始めます。

しかし、どうしても治療が難しい場合は、大阪大学歯学部小児歯科などの専門医をご紹介させていただきます。

信頼関係を守るために正直に話します

小児歯科小児歯科治療では、お子様との信頼関係が大切です。ちょっとした言葉の行き違いが原因で、歯医者さん嫌いにさせてしまうことも少なくありません。当院の院長は、お子様にウソはつきません。痛くなりそうなときは、必ず治療を始める前に「大丈夫だと思うけど、痛くなるかもしれないよ」ときちんと伝えます。すると多くのお子様は「頑張るよ」と言って処置を受けてくれます。「頑張れない」というときは、決して無理をさせません。そのままお帰りいただき、改めて後日来院していただきます。

頑張った子には消しゴムをプレゼント
治療を終えたお子様には、嫌な思いをして帰ってもらいたくありません。最後まで頑張ったご褒美として、消しゴムをプレゼントしています。「頑張ったね」と言ってあげると、どのお子様も嬉しそうな顔をして受け取ります。通院する楽しみが増えれば、歯医者さん嫌いになりません。お子様が笑顔で通院できる歯科医院ですので、歯のトラブルがありましたら何でもご相談ください。

ご家族の愛情がむし歯ゼロに

お子様のむし歯は、ご家族の気配りがあれば、ある程度コントロールできます。まずは歯ブラシの持ち方や動かし方を教えて、歯磨き習慣を身に着けさせましょう。小さなお子様は動きがぎこちなくて磨き残しができてしまいますので、磨き終わったらご家族がチェックし、仕上げ磨きも忘れずにしてください。

親と子のコミュニケーションを深める仕上げ磨き小児歯科
ほとんどのご家庭では、小学校に入学するとお子様に歯磨きを任せっきりにしてしまいます。乳歯から永久歯に生え変わるこの時期にしっかりコントロールすることで、大人になってからもむし歯や歯周病になりにくい環境を整えることができます。ご家族の負担が増えますが、小学校を卒業するまでは仕上げ磨きをしてあげてください。

また、小学校3年生ぐらいからお子様の自立が始まり、時には嫌がることもあるかもしれませ。しかし親子のコミュニケーションを深めるきっかけにもなりますので、お子様に負担がかからない程度に心がけてほしいと思います。

お子様がむし歯になった理由を考えてみませんか
お子様が痛みを訴えて治療に来られることがありますが、その前に、なぜむし歯になってしまったのかを考えてみませんか。お子様は、大人のように自分をコントロールすることができません。甘いお菓子を欲しがったり歯磨きを嫌がったりします。だからといってお子様の言うとおりにしていたら、あっという間にむし歯だらけになってしまいます。お子様の歯を守るのは、ご両親の努めです。ご家族の深い愛情で上手に誘導して、むし歯知らずのお子様に育てましょう。

定期検診のすすめ

小児歯科乳歯から永久歯に生え変わる時期は、お子様の歯の健康にとって重要な時期です。この期間にむし歯があると、永久歯にも悪い影響を与えます。永久歯への移行期にしっかり口腔ケアをしてあげることで、大人になってからもむし歯になりにくい環境を整えることができます。特に移行期にさしかかったお子様には、定期検診やフッ素塗布を行いながら、お口の中の環境を整えています。むし歯ゼロのお子様を育てるためにも、定期検診をおすすめします。

当院の小児歯科メニュー

お子様を歯磨き上手にする【ブラッシング指導】小児歯科メニュー
歯磨きは、お子様の歯をむし歯から守る効果的な方法です。歯が生え始めた頃から歯磨きの練習を始めますが、小さなお子様は歯ブラシを上手に扱えずに磨き残しができてしまうことも。当院では、歯磨きのコツが身につくブラッシング指導を行っています。ブラシの握り方や動かし方、磨き残しをチェックしながら、磨き方のコツを指導します。

歯質を強化する【フッ素塗布】小児歯科メニュー
フッ素には、歯の再石灰化を促し、むし歯の進行を抑える効果があります。毎日の歯磨きで使用する市販のフッ素ジェルやフッ素洗口剤、フッ素入り歯磨き剤などがありますが、より効果的な方法が歯科医院で行うフッ素塗布です。市販に比べるとフッ素濃度が濃くて高い予防効果があります。3~4か月ほど持続しますが、さらに予防効果を高めるには、3~4か月に一度の定期的なフッ素塗布をおすすめしています

むし歯を寄せつけない【シーラント】小児歯科メニュー
シーラントは、奥歯の溝に特殊な樹脂を埋めて虫歯を防ぐ治療方法です。お口の中の環境によっては外れてしまうこともありますので、3か月~半年に一度の定期メインテナンスをおすすめしています。

まずは、お悩みをご相談ください

治療に関する疑問・不安、治療内容について、まずはお気軽にご相談ください。