技工士が口元を直接確認し、口元に合った技工物を製作

院内に技工士常駐

「白い人工歯を入れるとき、周りの歯と違和感のない白さで作ってほしい」
「歯型を取ったあと、被せ物が出来上がってくるまでの期間をもっと短くしてほしい」

人工歯を作るときに、こうした不満や不安を感じたことはありませんか。人工歯の色や形は、口元だけでなくお顔全体の印象を左右しますので、仕上りが気になるのもなおさらのこと。当院には院内技工士が常駐していますので、患者様のイメージどおりの詰め物や被せ物に仕上げることができます。また詰め物や被せ物のできあがりには1週間程度期間を要しますが、お急ぎの方はご相談ください。

※状況によりますのでご相談ください。
※別途費用がかかります。

院内技工士がイメージどおりに仕上げます

院内に技工士常駐詰め物や被せ物を選ぶとき、白くて目立たない審美性の高い素材を要望する方が増えてきました。白くて美しい人工歯は、口元を美しく見せ、お顔全体の印象を明るくしてくれます。技工物を作る上で大切なことは、技工士が患者様と直接お話しし、イメージを膨らませながら作りあげていくことだと考えます。当院では院内技工所を併設し、常駐の院内技工士が、より審美性が高く完成度の高い技工物をご提供しています。

技工士と相談ができるから安心です
技工物の色を決めるとき、技工士がチェアーサイドに伺ってお口の中を拝見し、周囲の歯やお顔の色と合わせながら、より自然に見える色をご提案します。また、ご要望があれば技工士と相談もできます。技工士に想いがダイレクトに伝わります。患者様とコミュニケーションを深めながら、ニーズに合わせたご満足いただける技工物をお作りいたしますので、遠慮せずにご相談ください。

歯科医師と技工士の連携が完成度の高い技工物を作る

院内に技工士常駐多くの歯科医院では、歯科医師が歯型を取り、細かい指示書を添えて院外技工所に製作を依頼しています。技工士は歯型の模型と指示書をもとに技工物を作りますが、この方法だとイメージが伝わりにくいことが多く、作り直しや微調整などが生じてしまいます。完成度の高い技工物に仕上げるには、歯科医師と技工士が連絡を密に取りながら、コミュニケーションを深めていくことが必要です。

院内技工所のメリット
院内技工士常駐の最大のメリットは、歯科医師と技工士との連携が密に取れることです。細かい指示書を作らなくても、顔を見ながら口頭で指示することができ、的確に内容を伝えることができます。また、歯型や指示内容に疑問を感じることがあれば、速やかに院長に確認できますので、ズレや狂いが少なく、装着時の調整も極力抑えることができます

<院内技工所のメリット> 
●院長と密に連絡が取れるので、指示内容が的確に伝わる
●やりとりの時間が省けるので仕上がりが早くなり、治療期間の短縮にもつながる
●仕上がりの精度が高まり、装着時の調整を少なくすることができる
●技工士自らチェアーサイドで色合わせができ、より患者様のイメージに近付けることができる
●患者様と直接お話しすることで不安や疑問を解消し、要望を取り入れることができる

まずは、お悩みをご相談ください

治療に関する疑問・不安、治療内容について、まずはお気軽にご相談ください。