プロである以上、とりあえずの治療はおすすめしません

細部まで丁寧に診査・診断

「とりあえず、削って詰めておきましょう」
「とりあえず、歯を抜きましょう」
「とりあえず、保険で治しましょう」

診療中に、このような言葉を聞いたことはありませんか。とりあえずという言葉からは「痛みさえ取れればよい」「今できることで十分」といった、応急処置的なイメージがあります。恐らく無意識に使っているのでしょうが、そこから診療に対する真剣さは伝わってきません。

当院は、とりあえずの治療はおすすめしません。プロの歯科医師であるからには、患者様と真剣に向かい合い、長持ちさせる治療を行うことが責任だと考えます。きちんとした診査・診断・治療計画と、それに基づく提案をしっかり行い、妥協のない高水準の治療を目指しています。

診査・診断・治療計画が、徹底した質の高い治療につながる

細部まで丁寧に診査・診断家を建てるときには、設計図がなければ完成しません。それと同じように、歯科治療も治療計画なしで進めると、とりあえずの治療で終わってしまいます。患者様にふさわしいベストな治療をするためには、診査・診断・治療計画をしっかり行うことが大切です。

当院では、一人ひとりの患者様に合った最高の治療を実現するために、審査・診断・治療計画を徹底しています。咬合器を使った精密な診断と、お口の中全体を考えた治療計画を作成し、目標に沿って治療を進めていきます。診査・診断・治療計画をとおして、長持ちできる治療を行いますので、最高の治療を求めている方は、一度、ご相談ください。

咬合器を使って噛み合わせを精密に確認
治療の基本は、歯を長く持たせることです。しかし、お口の状態が悪くなった方は噛み合わせにズレがあるため、その状態で被せ物や詰め物を入れてもきちんと噛み合わず、歯を長持ちさせることができません。

当院は、噛み合わせを精密に診査・診断した上で治療計画を作成します。患者様の歯の模型を咬合器に取り付けて、噛み合わせやあごの動きをイメージしながら、しっかり噛み合う長持ちする治療方法を考えていきます。

咬合器を使った診査・診断は手間がかかるため、多くの歯科医院では省いています。当院では、患者様にとって最高の治療を提供するために、咬合器を使って診査・診断を行っています。

咬合診断の内容と費用はこちらをご覧ください

治療計画どおりに治療を進めるために

細部まで丁寧に診査・診断治療計画は、お口の中の状態と患者様のご都合を考慮した上で作成いたします。完治を目的としているため、通院途中でキャンセルがありますと、治療期間が長引くだけでなく、場合によっては治療計画を変更しなければなりません。

また、当院は予約制をとっております。直前にキャンセルがありますと、ほかの患者様にもご迷惑がかかります。治療計画どおりに治療を進めるためにも、ご予約日にきちんと来院していただけますようお願いいたします。

まずは、お悩みをご相談ください

治療に関する疑問・不安、治療内容について、まずはお気軽にご相談ください。